2017年06月03日

ご利益さんぽ in 水郷潮来あやめ祭

2017年(平成29年)6月3日、潮来あやめ祭に行ってきました

1496490530552.jpg

DSC_2223.jpg
潮来 長勝寺を散策
1185年(文治元年)に源頼朝が建立し、水戸藩主の水戸光圀が再建したといわれる古刹

そして水郷潮来あやめ園へ向かいました

DSC_2207.jpg

1496490526208.jpg
タイミングよく嫁入り舟を見る事が出来ました

1496490520015.jpg
「潮来花嫁さんは舟で行く」の歌で親しまれている嫁入り舟

DSC_2218.jpg

DSC_2213.jpg
潮来花嫁さん記念歌碑

DSC_2210.jpg
潮来笠記念歌碑
潮来の伊太郎♪♪

DSC_2203.jpg

DSC_2216.jpg
あやめ娘^^

DSC_2217.jpg

ぴんっと立ち上がり、紫色の雅な花を咲かせるあやめ。古くから、花菖蒲やカキツバタとともに梅雨の訪れを知らせる花として愛されてきました、そんな美しく咲き誇るあやめの立ち姿を愛でることのできるおまつりが茨城で開かれてます

昭和51年に開園した水郷潮来あやめ園。約500種類、100万株の色とりどりのあやめが栽培されています。
美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるなど、優れた景勝地として人気


期間:平成28年5月28日(土)〜6月26日(日) ※一番の見頃は6月半ばごろ
場所:潮来市 水郷潮来あやめ園

住所:茨城県潮来市あやめ1-5
休園日:なし。終日入園自由

〜アクセス〜
電車:JR鹿島線「潮来駅」より徒歩3分
車:東関東自動車道「潮来IC」より約10分

posted by かめ忍者 at 23:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ご利益さんぽ in ちちんぶいぶい秩父

taotitibu.jpg
秩父地域の魅力を発信する新CM「ちちんぶいぶい2017春夏篇」

hodosan1.jpg
パパイヤ鈴木さんが振付をしたダンスがgood!


去る4月29日に秩父へご利益を求め散策
秩父34か所観音霊場が有名ですが、今回は神社を中心に巡りました

DSC_1514.jpg
まずは宝登山神社参拝

DSC_1641.jpg
その後 宝登山神社 奥宮へ

DSC_1663.jpg
ロープウェイで宝登山山頂へ

DSC_1645.jpg
奥宮へ向かいました

DSC_1648.jpg

DSC_1533.jpg
下山し 聖神社へ
日本最古の貨幣として知られる「和同開珎」の材料となる銅を朝廷に献上したことで知られる採掘跡。
和銅献上に関係が深いと伝えられる神社

DSC_1546.jpg
延喜式内社 椋神社
「椋神社例大祭」の別名が「龍勢祭」
毎年10月の第2日曜開催、代々伝承された27流派の手作りロケットを神事として打ち上げる珍しいお祭りが有名

DSC_1585.jpg
秩父市内へ
郷土芸能特別講演 秩父屋台囃子

DSC_1587.jpg
歴史を感じる街並み

DSC_1602.jpg

DSC_1589.jpg
登録有形文化財

DSC_1591.jpg
お昼はパリーにて

DSC_1578.jpg
秩父神社は多数の参拝客で賑わっていました

DSC_1625.jpg
秩父今宮神社の龍神木は圧巻でした




posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ご利益さんぽ in 日光詣 弥生祭

去る4月15日に日光へご利益を求め散策してきました

DSC_1402.jpg

DSC_1436.jpg
東武日光駅から東照宮に通じる道沿い(国道119号)には日光を代表する土産物屋などが軒を連ねている。

DSC_1406.jpg

DSC_1430.jpg
湯沢屋

DSC_1434.jpg
私は、ここ湯沢屋の酒饅頭が大好きで いつもお土産で買って帰ります

DSC_1405.jpg
湯沢屋の日光煉羊羹

DSC_1404.jpg
吉田屋

DSC_1408.jpg
宮前だんご

DSC_1403.jpg

DSC_1401.jpg
可愛らしい電話BOX

DSC_1413.jpg
神橋、社号標

DSC_1399.jpg
日光山内の二社一寺(日光東照宮、二荒山神社、日光三輪王寺)の表玄関に位置する

DSC_1417.jpg
本宮神社
日光二荒山神社の別宮で、神橋近く日光橋正面の山中に鎮座し、御祭神は大国主命の御子神・味耜高彦根命を祀ります

DSC_1423.jpg
日光の原点である地「本宮神社」参道にオープンした築330年の古民家再生「本宮カフェ」

DSC_1425.jpg
四本龍寺
天平神護2年(766)、はじめて大谷川を渡り、山内に足を踏み入れた勝道上人が立ちのぼる五色の雲を見て、この地が4神守護(青竜・朱雀・白虎・玄武)の霊地だと悟り御堂を建立。四本龍寺と名付けたと伝えられる。観音堂・三重塔(重要文化財)は江戸時代の再建で、三重塔前には勝道上人が拝したと伝わる紫雲石がある。

DSC_1429.jpg
西洋料理店 明治の館
住所:栃木県日光市山内2339−1
建物は、国登録有形文化財に指定されてる洋館

DSC_1352.jpg
東照宮へ

DSC_1388.jpg
東照宮御仮殿が御開帳されていました

DSC_1390.jpg

DSC_1353.jpg
三猿(ここから有料ゾーン)

DSC_1377.jpg
東照宮内で結婚式が行われていました

DSC_1379.jpg

DSC_1367.jpg
眠り猫

DSC_1373.jpg
奥宮 家康公の墓


yayoinikko.jpg

DSC_1435.jpg

日光に春を告げる弥生祭の花家体が、4月16日と17日に東町7台、西町4台の計11台が町中に繰り出されます。
日光二荒山神社例祭である弥生祭は、古くは3月に行われ、3月を弥生といったとこらから「弥生祭」の名があります。
神社祭典は4月13日から17日まで行われ、大祭当日の17日に付祭(つけまつり)として、東西11か町から花家体が繰り出されるものです。昭和29年、日光市制を記念して観光協会の主催で16日に前夜祭が行われるようになりました。
この弥生祭付祭は古きよき1200有余年の伝統を残しながらも、時代の要請に合わせて幾つかの改革がなされ現在に至っています。

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ご利益散歩in南房総の旅 鴨川へ、そして一之宮巡り

2017年(平成29年)3月上旬、千葉県鴨川を目指しました

愛車にて出発 🚙
yamati.jpg
まず千葉県八街市、八街神社(やちまたじんじゃ)に参拝兼休憩
🚙

ichinomiyakanban.jpg
玉前神社(たまさきじんじゃ)へ
千葉県長生郡一宮町にある神社。式内社(名神大社)、上総国一宮。
🚙


昼食
DSC_1132.jpg

DSC_1131.jpg


そこから房総半島の太平洋岸を走り、勝浦へ 🚙
hinamatsuri_2017.jpg
2001年に全国勝浦ネットワークの縁により、徳島県勝浦町よりおよそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、ここ千葉勝浦でも「かつうらビッグひな祭り」が開催されました。
「かつうらビッグひな祭り」は開催期間中、勝浦市芸術文化交流センター「Küste」をはじめ、市内各所に約30,000体のひな人形が飾られ、街はひな祭り一色!市内浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の60段の石段一面におよそ1,800体の人形が飾られ、夕暮れ時からライトアップされます。
期間中(平成29年2月24日〜3月5日)は、子どもたちが稚児の衣装で統一したひな行列など盛りだくさんのイベントや土日は歩行者天国になり各種出店がありました。

🚙

kamogawakanban.jpg
そして鴨川入りし、天津神明宮(あまつしんめいぐう)に参拝

🚙

ホテル入りしくつろぎました
DSC_1140.jpg

DSC_1135.jpg

DSC_1136.jpg



翌日、鴨川シーワールドへ

1489885127768.jpg

1489885086116.jpg

1489885096102.jpg

1489885215112.jpg

1489885185447.jpg

1489885188414.jpg

1489885176774.jpg

🚙

莫越(なこし)神社参拝
南房総市・丸山町沓見(くつみ)。
ここには源頼朝(みなもと・よりとも)の伝説があります
西暦1180年、現在の安房の国(現・南房総)に、石橋山の合戦に敗れた源頼朝一行は上陸します。
源の頼朝は、源氏縁の小豪族であった。丸山町の丸(まる)氏の居城にしばらくの間滞在しました。ちょうど、伊豆に残して来た妻・政子が懐妊したのでした。そこで、頼朝は、安産・子育の神である莫越神社に安産祈願のため詣でます。そこでは、御神鏡を奉納しました。その後、平家を打倒し、天下を取ると神田二十町歩を寄進しました。


頼朝.png

🚙

館山市には一之宮の神社が2つ
安房神社
🚙
洲崎神社へ参拝
場所的にも簡単に来れる所じゃない洲崎神社は参拝客はいなく静まりかえっていました。

千葉県は「安房(あわ)国」「上総(かずさ)国」「下総(しもうさ)国」の3つの国から構成されています。
chibaitinomiya.jpg

安房国、本来は安房神社1つでしたが、2つの一宮が存在することになった経緯は?
(まあ越中國も阿波國も一之宮が四社もありますから)

ここでも源頼朝の伝説があります、1180年伊豆で挙兵した際、石橋山の合戦で敗れ海路で安房の地へ避難していたのです。
家臣数名に支えられて辛くも逃げ延びた安房の地で、頼朝は「もう一度チャンスを!」と再挙を期して参拝をしました。この時頼朝が向かったのがこの洲崎神社です。その後頼朝は、千葉常胤(ちばつねたね)などの協力を得て平家討伐を成功させ、見事願いを叶えることになるのですが、そのお礼に洲崎神社に「神田」の土地を奉っています。つまり洲崎神社は、頼朝からすれば天下統一の願いを聞き入れてくれた神様となるわけです。
この話は、多くの武士の心に勇気をもたらし、語り継がれてきました。中でも、江戸城を築きあげた太田道灌は洲崎神社を勧請して、城の鎮守(今の神田明神)にしたと『永享記』(室町以後の東国情勢を記した軍記)に記されています。戦国時代、安房の覇者「里見氏」もこの神社を尊崇しました。
後世の武士は、頼朝の偉業は決して平易な道のりではなかったこと、洲崎神社で源氏再興を願う頼朝の参詣の内に、ひときわ神懸かったストーリーを感じたのかもしれません。
ともあれ、このような経緯のもと、自然発生的に洲崎神社を「一宮」と呼ぶ風習が広まり、また江戸時代には松平定信が、「安房国一之宮大明神」と自筆した篇額を奉納したこともあり、本来は国に1つとされる一宮が、安房国館山には2つも存在することとなったのです。


posted by かめ忍者 at 18:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ご利益散歩in真壁のひな祭り 和の風 第15章

真壁のひな祭り 和の風 第15章
2017年(平成29年)2月4日〜3月3日まで

2月25日(土)に足を運びました
DSC_1035.jpg

DSC_1073.jpg
筑波山麓にある真壁町

DSC_1069.jpg

DSC_1034.jpg

DSC_1039.jpg

DSC_1053.jpg
なかなかの人出でした

DSC_1055.jpg

DSC_1054.jpg
なかなか個性的なひな人形

DSC_1057.jpg
靴屋さんもひな人形がディスプレイ

DSC_1038.jpg
真壁町のゆるキャラ いしおさんのひな人形

見世倉・土蔵などが軒を連ねる風情豊かな町並みの真壁町に、約180軒の家がひな人形を飾る一大イベントです。
町の各地に展示しているひな飾りは、数百年前の由緒あるひな人形や現代作家の作品、はたまた石で作られた変わり種まで。愛らしいひな人形と歴史ある町並みが楽しめます。


DSC_1040.jpg
懐かしいタバコ屋さん

DSC_1066.jpg
子供時代に良く親しんだ風景

DSC_1042.jpg
宮本精肉店、コロッケを買い求めるお客さんの列
2010年放送の『ちい散歩』でコロッケ大好きな地井武男さんが訪れたお店

DSC_1056.jpg
元真壁町郵便局

DSC_1070.jpg
ひょうたんのダルマ

DSC_1072.jpg
懐かしい ホンダ モトコンポ

DSC_1032-1.jpg
(旧)真壁町のマンホール、町の花だったヤマユリが描かれています。
(現在は合併して桜川市となっています)

真壁のひな祭り 和の風 第15章
来月の3月3日まで開催されています。足を運んでみては如何でしょうか^^

posted by かめ忍者 at 00:24| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

岩舟駅に静かな巡礼ブーム

「そうだ岩舟、行こう」

5cmopen.jpg

新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」のヒットに伴い、JR両毛線の岩舟駅に静かなブームが来てます。
監督の代表作の一つで駅が登場します。「秒速5センチメートル」(2007年公開)も再注目されていて、映画の舞台へ”巡礼”に訪れるファンがチラホラ。地元の方々も盛り上がり歓迎ムードです^^

本作品では主人公である遠野貴樹くんは、「豪徳寺(小田急線)→新宿(埼京線)→大宮(宇都宮線)→小山(両毛線)→岩舟」という乗り継ぎで明里に会いに行ったようです

byousoku5cm.jpg

小学校で出会い好意を寄せあいながらも離れ離れになった2人、貴樹と明里の再会と心の動きなどが描かれている。岩舟は明里の転校先で、雪に覆われた駅周辺が登場する。

岩舟駅前
iwafune-eki-1.jpg

iwafune-eki-2.jpg

駅での場面
iwafune5.png

iwafune7.jpg

iwafune-eki-13.jpg

iwafunehome.jpg






5cm9.jpg

5cm99.jpg

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

ご利益さんぽin富岡製糸場から妙義山へ上州を巡る

2016年4月29日
世界遺産に登録されたということで、今回初めて富岡製糸場へ立ち寄ってみることにしました。
富岡駅の横に無料の駐車場があり、15分ほど歩くが、途中から少し観光地っぽくお店が並んでおり楽しかった。

e36dd8cdf7edcf361398c0763825aab3.jpg

tomioka.jpg

入場料は1000円でチケット売り場はほどほどの込み合いでした。正面の建物=東置繭所に入ると工場の歴史や人物、絹や道具などが展示してありました。次に製糸所に入りましたが繭から糸と取り出す機械が30年前のままでビニールでかぶせられていました。全体的には150年前からのものを改修して30年前まで動かしていた古い工場という感じです。
今だけの見学スポット西置繭所保存修理も見ることが出来た。200円追加したら見学でき、ヘルメットを被って社会科見学みたいで楽ませていただきました。世界遺産になったから一応行ってみるかと軽い気持ちでしたが、思ってたよりずっと良かったです。

そこから531年創建と伝わる古社
一之宮貫前神社
へ参拝
DSC_0162.jpg

峠の釜めし本舗 おぎのや ドライブイン横川店で昼食を取ろうとドライブ
日本で最も有名な駅弁の一つ。焼き物を容器とした初めての駅弁でもある。
益子焼の釜の中に茶飯を詰め、その上に鶏肉・タケノコ・ゴボウささがき・椎茸・栗・アンズ・うずらの卵に紅生姜とグリーンピースを載せる。ふたも陶製で、掛紙をかけて紙ひもでしばり、釜型の別容器で付け合わせを添付して出来上がり。

yokokawakama.jpg

tougekamamesi.jpg

1997年10月の長野新幹線開業により、横川駅では軽井沢への路線が廃止され峠の前の終着駅となり、碓氷峠越えの機関車を連結・開放する約5分間にホーム一杯に客と釜めしが並ぶ光景は失われた。駅前の国道18号の賑わいも1993年3月の上信越自動車道藤岡IC〜佐久IC間の開通で失われ、横川駅弁の販売拠点は横川駅と駅前のドライブインから新幹線と高速道路サービスエリアへと移り変わった。

年間450万個を売り上げるという駅弁の王様だが、廃棄物減量が叫ばれる現在では、年間450万個の釜の行方が気にかかる。駅弁屋さんで使われたり返された釜は、益子の土に帰しているそうだ。
おぎのやは食券制で、釜めしの料金は1,000円です。テイクアウトできるようになっているので、観光地に直接持って行って現地で食べることもできます。

「せっかく群馬に来たんだからその地域ならではの美味しい名物料理を食べたい」というニーズを見事に満たしてくれました。

その後に妙義山中腹にある
妙義神社
へ参拝
8534DF77349A480F8096295729652074_L.jpg

そして
妙義山 中之嶽神社
を参拝し心静かに自然の力を感じることができます。

帰宅の途につきました。

posted by かめ忍者 at 20:48| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

神仏分離から逃れた寺 ハイキング(飯能市)

2日前に関東甲信で初雪
都心の11月の初雪は1962年以来54年ぶりで、平年より40日早い。
(統計史上、最も早い初雪は1900年11月17日)
都心では11月の積雪は1875年の統計開始以来初めてという事態

シャレンジングではありますが秩父連峰の東端、竹寺と子の権現を歩くコースを行き「蘇民将来」のお守りと御朱印を頂きにご利益散歩・・・じゃなくご利益ハイキングに出掛けてしまいました。

その背景には、蘇民将来のお守りが常時授与されているのかどうか竹寺へ電話して、話が弾んで道の雪の状態は大丈夫ですと住職さん。じゃあ行きますと言ってしまった手前の行動でした^^;

埼玉県人にはよく知られたハイキングコース(以前、埼玉県人だった事もある私)
関東ふれあいの道
〜奥武蔵の刹那を訪ねる道〜として整備された一般向きのコースの約9.5キロがメジャーコースらしいです。
西武池袋線の吾野駅から法光寺・子ノ権現・竹寺などの古刹を訪ね、名栗小殿バス停に至るまで(※バス亭から飯能駅まで約45分)
DSC_0543.jpg

目指すは竹寺へGO

私は竹寺まで自家用車で行き
竹寺 ⇄ 豆口峠 ⇄ 子ノ権現(往復約5.8キロ)という行動計画
電車・バス利用でも来ている方々を見かけましたし、竹寺の先輩奥様にもバスで来たんですか?と問われました。


段々近づくにつれ道が狭くなり峠道に・・・そして・・・雪が結構残ってる
DSC_0517-2782b.jpg

DSC_0518.jpg
なんとこの看板を過ぎてまもなく・・・10頭以上の鹿の群れに遭遇しました。

062.jpg
※こんな感じ^^ 鹿の群れ写真はイメージです

細い道になり、まったくすれ違う車がなかったのが幸いでした。
この場所に車で沢山の参拝客が訪れたら大変な事態になること必至です。

DSC_0519.jpg

何事もなく無地に到着しました

DSC_0532.jpg

蘇民将来のお守りも授かってまいりました。

蘇民将来については、
「牛頭天王」
の記事や
「守谷 八坂神社」
の記事にもちょろちょろ記しておりまして、そのうち備忘録として まとめて記しておきたいと考えてます。

御朱印は、また後日

しかし初積雪の2日後、山奥のお寺に参拝者などいないだろうと思っていましたが、意外とたくさんの人がいるのには驚きました。

DSC_0533.jpg

紅葉が綺麗で 落ち葉の絨毯がすこぶる綺麗でした。

DSC_0534.jpg

DSC_0556.jpg

DSC_0557.jpg
子ノ権現、仁王像の後ろ姿

子ノ権現 は、正式名称「大燐山天龍寺」で、天台宗のお寺です。
御本尊は、子ノ聖大権現で、武蔵野三十三観音霊場の第三十二番札所となっています。
なので、霊場巡りをするときは、こちらから竹寺に向かって歩くのが正解です。
参拝後、本坊にて御朱印をいただきました(こちらも御朱印は後日)


神仏習合が色濃く残る興味深い、ご利益ハイキングでした。


※今回訪れた竹寺(八王寺)名誉住職の亮雄大和尚さま、今年で御年99歳であられましたが平成28年4月26日遷化されました。ご冥福を祈ります。

posted by かめ忍者 at 16:38| 栃木 ☁| Comment(2) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

神楽坂タイムスリップ 2016年

11月13日
「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2016」イベントの1つである、神楽坂の街をめぐるスタンプラリーが開催されました。

DSC_0519-1.jpg

エリア内7ヶ所のスポットでは案内人から、江戸・明治・大正時代の町の歴史ガイドを聞くことが出来ます。

DSC_0517-1.jpg

このスタンプラリーを周ると神楽坂の主要社寺の御利益巡りも出来るという一石二鳥
しかも要所に道案内もいるし大勢の方々が巡っているので迷子にもならない!!
・毘沙門天善國寺
・妙徳山 圓福寺
・醫光山 安養寺
・神楽坂 赤城神社
・神楽坂 若宮八幡神社
このウォークラリーで上記5か所の寺社にて御朱印も頂きました。

2016_festival_kagurazaka_shousai-810x540.jpg

DSC_0499.jpg

ボーナススタンプを含めて6つ以上集めると、神楽坂姉妹Rオリジナル手ぬぐい(先着1,500名様)が贈呈されました。

DSC_0519-2.jpg

posted by かめ忍者 at 05:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

日本の橋、人気ランキング2016

トリップアドバイザーが「口コミで選ぶ 日本の橋ランキング」を発表した。本ランキングはトリップアドバイザーに投稿された口コミを基に日本国内の橋(鉄道橋を含む)トップ30をランキングしたもので、最新の土木技術で建造された橋から、長い歴史を誇る木造の橋、朽ち果ててもはや眺めるだけの橋まで、様々な橋がランクインしていますね。

1位
伊良部大橋(沖縄県)
2015年1月31日に開通した宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は無料で渡れる橋では日本一の長さ。
170214LA03-9.jpg

slide02.png


2位
角島大橋(山口県)
山口県の北西部から沖に浮かぶ角島を結ぶ橋。全長は1780mで、日本海の淡いブルーを左右に眺めながら渡ることができます。自動車のテレビCMやドラマのロケ地にも使われたことで有名となった。
52437410d19be-05ce-4fce-89ac-a9bb0e79a6de_m.jpg

pht01.jpg


3位
古宇利大橋(沖縄県)
古宇利大橋は沖縄本島の本部半島の東、名護市の屋我地島と今帰仁村の古宇利島を結ぶ全長1960メートルの橋。沖縄屈指の美しい海の上を一直線に伸びる橋は、沖縄ならではの絶景です。
CS20151029001_002-1024x659.jpg

churashima_01.jpg

3位以降では、日本三名橋のひとつである山口県の「錦帯橋」や、約800年前平家一族が架設したと言われる徳島県の「奥祖谷二重かずら橋」、江戸時代末期の技術の粋を集めて作ったアーチ式の石橋である熊本県の「通潤橋」、ダムの水位が低い時期にしか見ることができず、北海道遺産にもなっている「タウシュベツ川橋梁」などがランクイン

1位:伊良部大橋(沖縄県)
2位:角島大橋(山口県)
3位:古宇利大橋(沖縄県)
4位:通潤橋(熊本県)
5位:池間大橋(沖縄県)
6位:錦帯橋(山口県)
7位:碓氷第三橋梁(群馬県)
8位:夢の吊橋(静岡県)
9位:不動沢橋 / つばくろ谷(福島県)
10位:阿嘉大橋(沖縄県)
11位:多々羅大橋(広島県・愛媛県)
12位:奥祖谷二重かずら橋(徳島県)
13位:明石海峡大橋(兵庫県)
14位:レインボーブリッジ(東京都)
15位:来島海峡大橋(愛媛県)
16位:余部鉄橋 空の駅(兵庫県)
17位:岩間沈下橋(高知県)
18位:河童橋(長野県)
19位:谷瀬の吊り橋(奈良県)
20位:タウシュベツ川橋梁(北海道)
21位:大鳴門橋(徳島県)
22位:祖谷のかずら橋(徳島県)
23位:来間大橋(沖縄県)
24位:天草五橋(熊本県)
25位:猿橋(山梨県)
26位:蓬莱橋(静岡県)
27位:関門橋(山口県)
28位:八幡流れ橋(京都府)
29位:新湊大橋(富山県)
30位:二重橋(東京都)

posted by かめ忍者 at 22:14| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする