2017年12月12日

ご利益さんぽin 宇都宮駅前のカオスな「餃子広場」(栃木県)

2017年12月10日(日)宇都宮駅前「餃子広場」を散歩

DSC_3366.jpg
JR東日本「宇都宮駅」

DSC_3846.jpg
JR宇都宮駅西口の風景
手前には「餃子の像」

DSC_3835.jpg
「餃子広場」は東口にあります

DSC_3837.jpg
餃子の街でおなじみ宇都宮!!
「スタミナ健太」というマスコットキャラクター!

スタミナ健太くんのプロフィールがホームページに載っていたので掲載します。
出身地:宇都宮
性別:男
誕生日:2001.3.16
将来の夢:ゆるきゃら、日本一になること
あこがれの子:ミヤリーちゃん
好きな言葉:なんとかなる
好きな食べ物:ピザ

基本的には何でもいいのですが、好きな食べ物が「ピザ」って?
餃子じゃないんかい!

DSC_3836.jpg
宇都宮が生んだ初代横綱「明石志賀之助」像

DSC_3847.jpg
弁財蛇の像
宇都宮の言い伝えで、「蛇が懐に入った夢を見ると、お金が入ってくると言われており、またその夢を話してはいけない」というものがあるそうです。

なんだかよくわからないものがたくさん置いてあります

DSC_3838.jpg

DSC_3841.jpg
宇都宮餃子館
ここは有限会社さくら食品という会社が運営しているんだそうだ。

DSC_3840.jpg
TV取材に来た芸能人のフォト
地元出身芸人「U字工事」福田薫・益子卓郎の2人の写真が一番デカい!

なんでこんなことになっているのかは不明
県庁所在地の駅前がこんな状態とは結構栃木県もやりますね・・・とりあえずLRTができるまでの暫定だとか?

宇都宮では、「まさし」と「みんみん」という有名本店は東武宇都宮駅方面の狭い路地にあります。

posted by かめ忍者 at 21:37| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ご利益さんぽin 「常陸 風土記の丘」獅子頭展望台

去る2017年11月4日
茨城県かすみがうら市の指定文化財一斉公開現地公開の帰路に「常陸 風土記の丘」へ寄りました

DSC_3556.jpg
入口の門をくぐると古民家があり藁屋根を葺き替えていました

茨城県石岡市染谷1646にある「常陸 風土記の丘」
常陸風土記の丘は、古くからうるおいある文化を築き、数多くの文化史跡や名所旧跡、民俗 芸能が伝承されてきた『歴史の里・石岡市』の歴史的財産を有意義に活用し、歴史、伝承、体験学習、スポーツ、コミュ二ティーなど、心ふれあう余暇を活用するための施設ですですが・・・
残念ながら今回、私はそれを観に来たわけではなく

DSC_3555.jpg
蓮の池にかかる橋を渡り

DSC_3552.jpg
古民家ゾーンを越え

DSC_3554.jpg

開けたところにある公園の先にある

DSC_3551.jpg
公園の中に突如として現れる・・・この

DSC_3544.jpg
獅子頭展望台を体感しに来ました

DSC_3541.jpg
高さ10メートルの3階建てです

DSC_3539.jpg

内部も探索

DSC_3547.jpg
耳の内部部分

DSC_3548.jpg
2階の獅子の口の部分が展望スペース
口の中から外を見るとこんな風景

低っ「展望台」という概念を覆すものでした・・・

ここ石岡市、常陸國総社宮の大祭で悪霊退散のために獅子頭が使われています
そんなこともありキャラクター的存在の獅子頭が、ここでも活躍してると言う事ですね^^

posted by かめ忍者 at 22:52| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ご利益さんぽin 「足利の文化財一斉公開2017」(栃木県)

「足利の文化財一斉公開2017」の期間は
2017年11月25日(土)・26日(日)で初日に行って参りました
普段は見られない足利市内の66ヵ所の文化財が一般公開で1日では到底全部観れません^^;
DSC_3730.jpg

DSC_3713.jpg
足利尊氏の銅像

公開場所の一部を写真にて
DSC_3710.jpg
鑁阿寺

DSC_3742.jpg

DSC_3709.jpg
鑁阿寺の大銀杏が素晴らしく黄色に色づいてました

DSC_3728.jpg
足利学校
文化財一斉公開中は無料公開

DSC_3735.jpg

DSC_3725.jpg

DSC_3691.jpg
西宮長林寺

DSC_3673.jpg
樺崎八幡宮

DSC_3683.jpg
樺崎八幡宮本殿
本殿下の「足利義兼」入定の場所を合掌しながら見る事が出来ました。

DSC_3760.jpg
日光鹿島神社の天井板絵

各所に小中学生、引率者、人生の先輩方々がおられ良く説明してくださいました
この場を借りて再度お礼を申し上げます

DSC_3738.jpg
お昼は「麦とろ 丸銀本店」にて
足利学校の入口にあって大麦味噌が有名で、店頭で味噌汁の試飲ができます。

DSC_3739.jpg
名人そばを頂きました


posted by かめ忍者 at 00:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

ご利益さんぽin 「秋の桜川さんぽ」2017(茨城県)限定御朱印4寺社

「秋の桜川さんぽ」開催期間は
2017年11月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)、12月2日(土)・3日(日)
今年で第3回のようです
初日の今日、午前中に巡ってきたてのホヤホヤです

sakuragawa.png
桜川市が何処にあるか?認知度はかなり低いのではないでしょうか
まして桜川市に何があるのか知る由もないのでは
市内にJR水戸線が走り駅は大和駅、岩瀬駅、羽黒駅の3つだけなので自動車がないと巡るのは大変
無料巡回バスがあるようなので自家用車のない方は、これを利用してもいいかもしれません


DSC_3607.jpg
月山寺

DSC_3609.jpg
拝観時間9:00の月山寺の住職さんは早速の掃き掃除

DSC_3654.jpg
五所駒瀧神社

椎尾山 薬王院、曜光山 月山寺、五所駒瀧神社、櫻川磯部稲村神社では期間限定の御朱印をもらうことが出来ます

開催寺社
薬王院(真壁町椎尾)
五所駒瀧神社(真壁町山尾)
密弘寺(真壁町真壁)
眞徳寺(真壁町古城)
薬王寺(青木)
楽法寺(本木)
千勝神社(本木)
大國玉神社(大国玉)
小山寺(富谷)
月山寺(西小塙)
桜川磯部稲村神社(磯部)

DSC_3663.jpg
薬王院(限定)

DSC_3661.jpg
月山寺(限定)

DSC_3665.jpg
桜川磯部稲村神社(限定)

DSC_3664.jpg
五所駒瀧神社(限定)

イベントは12月3日(日)まで行っているので上記の限定御朱印を頂に茨城県桜川市に足を運んでは如何でしょうか

天気は曇りで昼から雨が降ってきたのでわたくしは限定御朱印が頂ける4つの寺社を巡り撤収いたしました。


posted by かめ忍者 at 14:44| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ご利益さんぽin かすみがうら市指定文化財一斉公開

茨城県かすみがうら市の指定文化財一斉公開
現地公開 (文化財所在地)
DSC_3559.jpg
平成29年11月4日(土)・5日(日)
午前10時〜午後3時まで

指定文化財もたくさんあり、年に1度公開
本日(2017/11/4)行ってきました
明日もやってます

会場は市内9か所で行われる現地公開に加え郷土資料館では展示公開
kasumi_map.jpg

@長興寺
A千手観音堂
B文殊院
C雪入郷倉
D木村家住宅
E最勝寺
F法蔵寺
G椎名家住宅
H旧福田家・旧福田家板倉

範囲が広くて、どう廻ろうか悩みます

かすみがうら文化財.jpg
展示公開は10月14日(土)〜11月5日(日)9:00〜16:30
会場: かすみがうら市歴史博物館(〒300-0214 茨城県かすみがうら市坂1029-1)
入館料: 大人210円 小人100円 
※13日(日)は茨城県民の日のため無料です。 ※休館日: 月曜日

DSC_3492.jpg

DSC_3509.jpg

今回のご利益散歩で現地公開された寺院にて頂いた御朱印は2点

DSC_3558.jpg
最勝寺の御朱印

DSC_3559j.jpg
文殊院の御朱印

posted by かめ忍者 at 21:21| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

ご利益さんぽin 行くぜ、東北。大内宿

行くぜ、東北。

大内宿(おおうちじゅく)
福島県 南会津郡下郷町 大字大内字山本
2017年(平成29年)10月8日行くぜ、東北。
DSC_3286.jpg
江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」。「下野街道と呼ばれた会津と日光を結ぶ街道の両脇には、茅葺き屋根の民家が並び、江戸へ向かう大名や旅人の宿駅として重要な役割を果たしていました。

DSC_3284.jpg
大内宿は戦後の近代化により、次第に街の景観は江戸時代の面影を消しつつありましたが、昭和56年(1981年)に宿場町としては妻籠宿(つまごじゅく)、奈良井宿に次いで全国3番目に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、保存運動にも力が入るようになりました。

DSC_3249.jpg

DSC_3244.jpg
街道脇には清流が流れています

DSC_3246.jpg

DSC_3278.jpg
各棟には個性的なおばあちゃんが沢山います

DSC_3310.jpg

DSC_3312.jpg

DSC_3276.jpg
大きな醤油煎餅 ¥250

DSC_3297.jpg
玉屋さん
築400年以上、後白河天皇の第三王子高倉以仁王が草鞋(わらじ)を脱いだとされる歴史,伝承のある店。
こちらでは今回「きんつば」を頂きました

DSC_3294.jpg
玉屋さん NHK朝イチの取材写真

DSC_3296.jpg
黒米入りきんつば  ¥100とリーズナブルでもあり大人気

DSC_3299.jpg
私的には「きんつば」というより「大判焼」といった感じでした

DSC_3308.jpg
大内宿の名物「ねぎそば」お箸の代わりに丸ごとねぎで食べるそばのこと
沢山の店舗がありましたが、「石原屋」さんにお世話になりました

DSC_3302.jpg

DSC_3305.jpg
ねぎを箸代わりに、薬味としても齧りながらと楽しみながら食せました
ねぎ好きにはたまらないですよ^^ 口の中がちょ〜辛くなります

DSC_3313.jpg

DSC_3250.jpg
街道半ばには高倉神社の大鳥居
そこをくぐり、のどかな田園風景のなかを数分歩きます。こんもりとした森の中に高倉神社があり、にぎやかな大内宿とはうってかわった静謐な空気が心地よい空間です。




posted by かめ忍者 at 22:05| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ご利益さんぽin 成田空港

お見送りついでに成田空港を楽しんじゃおう

DSC_3136.jpg
息子が1年間の海外留学へ出発
まあ、見送りなんて必要ないのだが、飛行機に乗るのも見るのも大好きであり、息子をダシに成田空港を楽しみたくて お見送りと称して成田に行くのである。そして成田空港&ホテルを楽しんできてしまった。

DSC_3143.jpg
飛行機を眺めているだけで楽しい。

DSC_3125.jpg

DSC_3124.jpg

DSC_3110.jpg

DSC_3130.jpg

DSC_3107.jpg
息子は別行動。
何をしていたのかは知らない…。

DSC_3108.jpg

line_1506726238216.jpeg

ここからショップ
DSC_3116.jpg

DSC_3113.jpg

DSC_3112.jpg

DSC_3129.jpg

DSC_3131.jpg

DSC_3128.jpg

posted by かめ忍者 at 21:27| 栃木 ☀| Comment(2) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

ご利益さんぽin 江の島(展望台コース)

2017年(平成29年)8月27日に江の島へご利益散歩してきました
DSC_2830.jpg
「江の島」は、神奈川県藤沢市にある島です。対岸とは橋で繋がっていて、車でも徒歩でも簡単に渡ることができました。

DSC_2831.jpg
さあ江の島上陸です

DSC_2892.jpg
江島神社の一の鳥居があり上陸です

DSC_2898.jpg

DSC_2895.jpg
貝が美味しそう

DSC_2894.jpg
私のおススメは、生しらす丼かな

DSC_2886.jpg
土産物店などがあり楽しく歩けます

DSC_2888.jpg
丸焼きたこせんべいを販売している、「あさひ本店」江の島に来た記念に食べるのをオススメします!

DSC_2834.jpg
江島神社の社号標

DSC_2885.jpg
土産物店などが両側に並ぶ「弁財天仲見世通り」

DSC_2884.jpg
弁財天仲見世通りから灯台「シーキャンドル」がある頂上までは、歩いて上ると20分はかかる長い石段です。体力に自信のない人は全三区間あるエスカーで上がれば、汗をかかずに江の島のてっぺんまで行くことができます。江の島の自然を感じたい人にはオススメしません。暑すぎて上りたくない...という人もオススメ!
【全区間】 大人 360円 小人 180円
江の島エスカーは利用する区間によって料金が変わります。
【1区のみ】
江島神社辺津宮まで
大人 200円 小人 100円
【2区・3区】
江島神社辺津宮〜中津宮〜江の島頂上部
大人 180円 小人 90円
【3区】
江島神社中津宮〜江の島頂上部
大人 100円 小人 50円

DSC_2865.jpg
湘南を一望

DSC_2872.jpg
江の島サムエル・コッキング苑内の展望台
大人1名 500円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
小人1名 250円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料100円 + 江の島シーキャンドル昇塔料150円)

DSC_2874.jpg
江の島のマンホール^^

DSC_2899.jpg

「江の島」と「江ノ島」どっちの書き方が正しいのか?
普段なにげなく使っている「えのしま」という地名ですが少し調べてみると、地図や住居表示はひらがなの「の」を使っているのに対し、郵便局や交通機関はカタカナの「ノ」と混在していますし、古くは「江島」などと書かれていたようで、有名な「江島神社」はこの表記になっています。
これについては、それぞれ名前を付けた時代で公的文書の書き方も変わっていることから、それに倣っているようですが、「江ノ島」から「江の島」への変更は、昭和41年10月に藤沢市により新しい住居表示が施行され、また昭和44年1月には藤沢市観光協会により表記を「江の島」で統一する運動が行なわれています。
ただし、「江島」「江ノ島」を使っている史跡や交通機関などについては、歴史もあることから、変更せずに現在に至っています。
どちらが「正しい」「間違い」という訳ではないようですね。


posted by かめ忍者 at 10:47| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ご利益さんぽin 草木湖畔に佇む富弘美術館

DSC_2367.jpg
2017年(平成29年)6月17日、渡良瀬川をせき止める草木ダムによって形成された広さ約2平方キロ・メートルの草木湖畔と、52メートル四方の正方形をした平屋の「富弘美術館」へドライブ

DSC_2368.jpg

みどり市立富弘美術館
http://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/
群馬県みどり市東町草木86
0277-95-6333


DSC_2366.jpg

群馬県勢多郡東村(現:みどり市)出身の画家・詩人星野富弘

DSC_2363.jpg

DSC_2364.jpg
特別展「いつかどこかで」
2017-5/30 - 8/27

DSC_2365.jpg

星野富弘さんの作品を展示した美術館です。星野富弘さんは元々教師でクラブ活動の指導中、頸髄を損傷し、手足の自由を失っています。口で文字や絵を描くようになり、その文字や絵がやさしい感じがして癒されます。

tomihiro1.jpg

そんな中にも、少し泥臭いような表現も含まれていて、その言葉にこそ星野氏の心の葛藤が見えた気がしました。
星野氏を扱ったドキュメンタリーのVTRも見れたのもよかったです。



草木ダムへ
DSC_2369.jpg

DSC_2370.jpg

DSC_2782.jpg
ダムカードをGET!!

posted by かめ忍者 at 22:42| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ご利益さんぽ in 塩原ダム湖に架かる もみじ谷大吊橋(栃木県)

2017年(平成29年)6月10日、那須塩原市へ行ってきました

momijidani.jpg

DSC_2304.jpg
大吊橋のたもとに食事処があって
「スープ入り焼きそば」がありました。見た目はラーメン、食べると焼きそば
塩原で50年以上愛されてきたご当地グルメ、しょうゆ味スープとソースの融合です

DSC_2286.jpg
もみじ谷大吊橋(栃木県那須塩原市関谷1425番地60 )
全長320メートルで無補剛桁歩道吊橋としては、本州最大級の長さを誇るそうです

DSC_2291.jpg
無補剛桁歩道吊橋とは、吊橋にはいろいろなタイプがありますが、通常の橋は吊橋に架かる荷重を支えるための補剛桁などが設けてあります。この吊橋は、補剛桁ではなく、ワイヤーロープを横に張ることにより吊橋の強度を高める構造になっている歩行者用の吊橋です。(通行料¥300の観光橋)


DSC_2292.jpg
床面から下が見えます

DSC_2303.jpg

DSC_2297.jpg
大吊橋を渡り終えると、公園の先に「塩原ダム」

DSC_2302.jpg

DSC_2301.jpg

DSC_2759.jpg

DSC_2760.jpg
人生初のダムカードをGET!しました

もみじ谷大吊橋と塩原ダムはぜひセットで見ておきたい巨大建造物ですね。

posted by かめ忍者 at 20:07| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング