2017年08月31日

ご利益さんぽin 江の島(展望台コース)

2017年(平成29年)8月27日に江の島へご利益散歩してきました
DSC_2830.jpg
「江の島」は、神奈川県藤沢市にある島です。対岸とは橋で繋がっていて、車でも徒歩でも簡単に渡ることができました。

DSC_2831.jpg
さあ江の島上陸です

DSC_2892.jpg
江島神社の一の鳥居があり上陸です

DSC_2898.jpg

DSC_2895.jpg
貝が美味しそう

DSC_2894.jpg
私のおススメは、生しらす丼かな

DSC_2886.jpg
土産物店などがあり楽しく歩けます

DSC_2888.jpg
丸焼きたこせんべいを販売している、「あさひ本店」江の島に来た記念に食べるのをオススメします!

DSC_2834.jpg
江島神社の社号標

DSC_2885.jpg
土産物店などが両側に並ぶ「弁財天仲見世通り」

DSC_2884.jpg
弁財天仲見世通りから灯台「シーキャンドル」がある頂上までは、歩いて上ると20分はかかる長い石段です。体力に自信のない人は全三区間あるエスカーで上がれば、汗をかかずに江の島のてっぺんまで行くことができます。江の島の自然を感じたい人にはオススメしません。暑すぎて上りたくない...という人もオススメ!
【全区間】 大人 360円 小人 180円
江の島エスカーは利用する区間によって料金が変わります。
【1区のみ】
江島神社辺津宮まで
大人 200円 小人 100円
【2区・3区】
江島神社辺津宮〜中津宮〜江の島頂上部
大人 180円 小人 90円
【3区】
江島神社中津宮〜江の島頂上部
大人 100円 小人 50円

DSC_2865.jpg
湘南を一望

DSC_2872.jpg
江の島サムエル・コッキング苑内の展望台
大人1名 500円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
小人1名 250円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料100円 + 江の島シーキャンドル昇塔料150円)

DSC_2874.jpg
江の島のマンホール^^

DSC_2899.jpg

「江の島」と「江ノ島」どっちの書き方が正しいのか?
普段なにげなく使っている「えのしま」という地名ですが少し調べてみると、地図や住居表示はひらがなの「の」を使っているのに対し、郵便局や交通機関はカタカナの「ノ」と混在していますし、古くは「江島」などと書かれていたようで、有名な「江島神社」はこの表記になっています。
これについては、それぞれ名前を付けた時代で公的文書の書き方も変わっていることから、それに倣っているようですが、「江ノ島」から「江の島」への変更は、昭和41年10月に藤沢市により新しい住居表示が施行され、また昭和44年1月には藤沢市観光協会により表記を「江の島」で統一する運動が行なわれています。
ただし、「江島」「江ノ島」を使っている史跡や交通機関などについては、歴史もあることから、変更せずに現在に至っています。
どちらが「正しい」「間違い」という訳ではないようですね。


posted by かめ忍者 at 10:47| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ご利益さんぽin 草木湖畔に佇む富弘美術館

DSC_2367.jpg
2017年(平成29年)6月17日、渡良瀬川をせき止める草木ダムによって形成された広さ約2平方キロ・メートルの草木湖畔と、52メートル四方の正方形をした平屋の「富弘美術館」へドライブ

DSC_2368.jpg

みどり市立富弘美術館
http://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/
群馬県みどり市東町草木86
0277-95-6333


DSC_2366.jpg

群馬県勢多郡東村(現:みどり市)出身の画家・詩人星野富弘

DSC_2363.jpg

DSC_2364.jpg
特別展「いつかどこかで」
2017-5/30 - 8/27

DSC_2365.jpg

星野富弘さんの作品を展示した美術館です。星野富弘さんは元々教師でクラブ活動の指導中、頸髄を損傷し、手足の自由を失っています。口で文字や絵を描くようになり、その文字や絵がやさしい感じがして癒されます。

tomihiro1.jpg

そんな中にも、少し泥臭いような表現も含まれていて、その言葉にこそ星野氏の心の葛藤が見えた気がしました。
星野氏を扱ったドキュメンタリーのVTRも見れたのもよかったです。



草木ダムへ
DSC_2369.jpg

DSC_2370.jpg

DSC_2782.jpg
ダムカードをGET!!

posted by かめ忍者 at 22:42| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ご利益さんぽ in 塩原ダム湖に架かる もみじ谷大吊橋(栃木県)

2017年(平成29年)6月10日、那須塩原市へ行ってきました

momijidani.jpg

DSC_2304.jpg
大吊橋のたもとに食事処があって
「スープ入り焼きそば」がありました。見た目はラーメン、食べると焼きそば
塩原で50年以上愛されてきたご当地グルメ、しょうゆ味スープとソースの融合です

DSC_2286.jpg
もみじ谷大吊橋(栃木県那須塩原市関谷1425番地60 )
全長320メートルで無補剛桁歩道吊橋としては、本州最大級の長さを誇るそうです

DSC_2291.jpg
無補剛桁歩道吊橋とは、吊橋にはいろいろなタイプがありますが、通常の橋は吊橋に架かる荷重を支えるための補剛桁などが設けてあります。この吊橋は、補剛桁ではなく、ワイヤーロープを横に張ることにより吊橋の強度を高める構造になっている歩行者用の吊橋です。(通行料¥300の観光橋)


DSC_2292.jpg
床面から下が見えます

DSC_2303.jpg

DSC_2297.jpg
大吊橋を渡り終えると、公園の先に「塩原ダム」

DSC_2302.jpg

DSC_2301.jpg

DSC_2759.jpg

DSC_2760.jpg
人生初のダムカードをGET!しました

もみじ谷大吊橋と塩原ダムはぜひセットで見ておきたい巨大建造物ですね。

posted by かめ忍者 at 20:07| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ご利益さんぽ in 蔵の街 栃木市

2017年(平成29年)7月15日、蔵の街 栃木市へ行ってきました

DSC_2538.jpg
大正ロマン、昭和レトロ的、小江戸栃木市 古い民家、蔵が立ち並んでいました

DSC_2537.jpg
車で出掛けました
駐車場は沢山ありましたが、みな有料駐車場
無料駐車場のある栃木市役所を目指しました。

DSC_2524.jpg
市役所別館はそれ自体が古い洋風建築で観光名所の1つです

DSC_2526.jpg
巴波川(巴波川)

DSC_2523.jpg

DSC_2531.jpg
舟にも乗れます

DSC_2536.jpg

DSC_2522.jpg
栃木市のマンホール

DSC_2492.jpg
山本有三生誕の地

DSC_2493.jpg
山本有三生誕の地は記念館に

DSC_2513.jpg
山本有三生誕の地 近くの近龍寺には墓地があります

DSC_2543.jpg
お昼は「なすび食堂」にて

DSC_2515.jpg

DSC_2516.jpg

DSC_2518.jpg
モロカツ丼

DSC_2519.jpg
ピリカラうどん
「美味しかったです。御馳走様でした」

DSC_2520.jpg



posted by かめ忍者 at 17:45| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ご利益さんぽ in 水郷潮来あやめ祭

2017年(平成29年)6月3日、潮来あやめ祭に行ってきました

1496490530552.jpg

DSC_2223.jpg
潮来 長勝寺を散策
1185年(文治元年)に源頼朝が建立し、水戸藩主の水戸光圀が再建したといわれる古刹

そして水郷潮来あやめ園へ向かいました

DSC_2207.jpg

1496490526208.jpg
タイミングよく嫁入り舟を見る事が出来ました

1496490520015.jpg
「潮来花嫁さんは舟で行く」の歌で親しまれている嫁入り舟

DSC_2218.jpg

DSC_2213.jpg
潮来花嫁さん記念歌碑

DSC_2210.jpg
潮来笠記念歌碑
潮来の伊太郎♪♪

DSC_2203.jpg

DSC_2216.jpg
あやめ娘^^

DSC_2217.jpg

ぴんっと立ち上がり、紫色の雅な花を咲かせるあやめ。古くから、花菖蒲やカキツバタとともに梅雨の訪れを知らせる花として愛されてきました、そんな美しく咲き誇るあやめの立ち姿を愛でることのできるおまつりが茨城で開かれてます

昭和51年に開園した水郷潮来あやめ園。約500種類、100万株の色とりどりのあやめが栽培されています。
美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれるなど、優れた景勝地として人気


期間:平成28年5月28日(土)〜6月26日(日) ※一番の見頃は6月半ばごろ
場所:潮来市 水郷潮来あやめ園

住所:茨城県潮来市あやめ1-5
休園日:なし。終日入園自由

〜アクセス〜
電車:JR鹿島線「潮来駅」より徒歩3分
車:東関東自動車道「潮来IC」より約10分

posted by かめ忍者 at 23:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ご利益さんぽ in ちちんぶいぶい秩父

taotitibu.jpg
秩父地域の魅力を発信する新CM「ちちんぶいぶい2017春夏篇」

hodosan1.jpg
パパイヤ鈴木さんが振付をしたダンスがgood!


去る4月29日に秩父へご利益を求め散策
秩父34か所観音霊場が有名ですが、今回は神社を中心に巡りました

DSC_1514.jpg
まずは宝登山神社参拝

DSC_1641.jpg
その後 宝登山神社 奥宮へ

DSC_1663.jpg
ロープウェイで宝登山山頂へ

DSC_1645.jpg
奥宮へ向かいました

DSC_1648.jpg

DSC_1533.jpg
下山し 聖神社へ
日本最古の貨幣として知られる「和同開珎」の材料となる銅を朝廷に献上したことで知られる採掘跡。
和銅献上に関係が深いと伝えられる神社

DSC_1546.jpg
延喜式内社 椋神社
「椋神社例大祭」の別名が「龍勢祭」
毎年10月の第2日曜開催、代々伝承された27流派の手作りロケットを神事として打ち上げる珍しいお祭りが有名

DSC_1585.jpg
秩父市内へ
郷土芸能特別講演 秩父屋台囃子

DSC_1587.jpg
歴史を感じる街並み

DSC_1602.jpg

DSC_1589.jpg
登録有形文化財

DSC_1591.jpg
お昼はパリーにて

DSC_1578.jpg
秩父神社は多数の参拝客で賑わっていました

DSC_1625.jpg
秩父今宮神社の龍神木は圧巻でした




posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ご利益さんぽ in 日光詣 弥生祭

去る4月15日に日光へご利益を求め散策してきました

DSC_1402.jpg

DSC_1436.jpg
東武日光駅から東照宮に通じる道沿い(国道119号)には日光を代表する土産物屋などが軒を連ねている。

DSC_1406.jpg

DSC_1430.jpg
湯沢屋

DSC_1434.jpg
私は、ここ湯沢屋の酒饅頭が大好きで いつもお土産で買って帰ります

DSC_1405.jpg
湯沢屋の日光煉羊羹

DSC_1404.jpg
吉田屋

DSC_1408.jpg
宮前だんご

DSC_1403.jpg

DSC_1401.jpg
可愛らしい電話BOX

DSC_1413.jpg
神橋、社号標

DSC_1399.jpg
日光山内の二社一寺(日光東照宮、二荒山神社、日光三輪王寺)の表玄関に位置する

DSC_1417.jpg
本宮神社
日光二荒山神社の別宮で、神橋近く日光橋正面の山中に鎮座し、御祭神は大国主命の御子神・味耜高彦根命を祀ります

DSC_1423.jpg
日光の原点である地「本宮神社」参道にオープンした築330年の古民家再生「本宮カフェ」

DSC_1425.jpg
四本龍寺
天平神護2年(766)、はじめて大谷川を渡り、山内に足を踏み入れた勝道上人が立ちのぼる五色の雲を見て、この地が4神守護(青竜・朱雀・白虎・玄武)の霊地だと悟り御堂を建立。四本龍寺と名付けたと伝えられる。観音堂・三重塔(重要文化財)は江戸時代の再建で、三重塔前には勝道上人が拝したと伝わる紫雲石がある。

DSC_1429.jpg
西洋料理店 明治の館
住所:栃木県日光市山内2339−1
建物は、国登録有形文化財に指定されてる洋館

DSC_1352.jpg
東照宮へ

DSC_1388.jpg
東照宮御仮殿が御開帳されていました

DSC_1390.jpg

DSC_1353.jpg
三猿(ここから有料ゾーン)

DSC_1377.jpg
東照宮内で結婚式が行われていました

DSC_1379.jpg

DSC_1367.jpg
眠り猫

DSC_1373.jpg
奥宮 家康公の墓


yayoinikko.jpg

DSC_1435.jpg

日光に春を告げる弥生祭の花家体が、4月16日と17日に東町7台、西町4台の計11台が町中に繰り出されます。
日光二荒山神社例祭である弥生祭は、古くは3月に行われ、3月を弥生といったとこらから「弥生祭」の名があります。
神社祭典は4月13日から17日まで行われ、大祭当日の17日に付祭(つけまつり)として、東西11か町から花家体が繰り出されるものです。昭和29年、日光市制を記念して観光協会の主催で16日に前夜祭が行われるようになりました。
この弥生祭付祭は古きよき1200有余年の伝統を残しながらも、時代の要請に合わせて幾つかの改革がなされ現在に至っています。

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ご利益散歩in南房総の旅 鴨川へ、そして一之宮巡り

2017年(平成29年)3月上旬、千葉県鴨川を目指しました

愛車にて出発 🚙
yamati.jpg
まず千葉県八街市、八街神社(やちまたじんじゃ)に参拝兼休憩
🚙

ichinomiyakanban.jpg
玉前神社(たまさきじんじゃ)へ
千葉県長生郡一宮町にある神社。式内社(名神大社)、上総国一宮。
🚙


昼食
DSC_1132.jpg

DSC_1131.jpg


そこから房総半島の太平洋岸を走り、勝浦へ 🚙
hinamatsuri_2017.jpg
2001年に全国勝浦ネットワークの縁により、徳島県勝浦町よりおよそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、ここ千葉勝浦でも「かつうらビッグひな祭り」が開催されました。
「かつうらビッグひな祭り」は開催期間中、勝浦市芸術文化交流センター「Küste」をはじめ、市内各所に約30,000体のひな人形が飾られ、街はひな祭り一色!市内浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の60段の石段一面におよそ1,800体の人形が飾られ、夕暮れ時からライトアップされます。
期間中(平成29年2月24日〜3月5日)は、子どもたちが稚児の衣装で統一したひな行列など盛りだくさんのイベントや土日は歩行者天国になり各種出店がありました。

🚙

kamogawakanban.jpg
そして鴨川入りし、天津神明宮(あまつしんめいぐう)に参拝

🚙

ホテル入りしくつろぎました
DSC_1140.jpg

DSC_1135.jpg

DSC_1136.jpg



翌日、鴨川シーワールドへ

1489885127768.jpg

1489885086116.jpg

1489885096102.jpg

1489885215112.jpg

1489885185447.jpg

1489885188414.jpg

1489885176774.jpg

🚙

莫越(なこし)神社参拝
南房総市・丸山町沓見(くつみ)。
ここには源頼朝(みなもと・よりとも)の伝説があります
西暦1180年、現在の安房の国(現・南房総)に、石橋山の合戦に敗れた源頼朝一行は上陸します。
源の頼朝は、源氏縁の小豪族であった。丸山町の丸(まる)氏の居城にしばらくの間滞在しました。ちょうど、伊豆に残して来た妻・政子が懐妊したのでした。そこで、頼朝は、安産・子育の神である莫越神社に安産祈願のため詣でます。そこでは、御神鏡を奉納しました。その後、平家を打倒し、天下を取ると神田二十町歩を寄進しました。


頼朝.png

🚙

館山市には一之宮の神社が2つ
安房神社
🚙
洲崎神社へ参拝
場所的にも簡単に来れる所じゃない洲崎神社は参拝客はいなく静まりかえっていました。

千葉県は「安房(あわ)国」「上総(かずさ)国」「下総(しもうさ)国」の3つの国から構成されています。
chibaitinomiya.jpg

安房国、本来は安房神社1つでしたが、2つの一宮が存在することになった経緯は?
(まあ越中國も阿波國も一之宮が四社もありますから)

ここでも源頼朝の伝説があります、1180年伊豆で挙兵した際、石橋山の合戦で敗れ海路で安房の地へ避難していたのです。
家臣数名に支えられて辛くも逃げ延びた安房の地で、頼朝は「もう一度チャンスを!」と再挙を期して参拝をしました。この時頼朝が向かったのがこの洲崎神社です。その後頼朝は、千葉常胤(ちばつねたね)などの協力を得て平家討伐を成功させ、見事願いを叶えることになるのですが、そのお礼に洲崎神社に「神田」の土地を奉っています。つまり洲崎神社は、頼朝からすれば天下統一の願いを聞き入れてくれた神様となるわけです。
この話は、多くの武士の心に勇気をもたらし、語り継がれてきました。中でも、江戸城を築きあげた太田道灌は洲崎神社を勧請して、城の鎮守(今の神田明神)にしたと『永享記』(室町以後の東国情勢を記した軍記)に記されています。戦国時代、安房の覇者「里見氏」もこの神社を尊崇しました。
後世の武士は、頼朝の偉業は決して平易な道のりではなかったこと、洲崎神社で源氏再興を願う頼朝の参詣の内に、ひときわ神懸かったストーリーを感じたのかもしれません。
ともあれ、このような経緯のもと、自然発生的に洲崎神社を「一宮」と呼ぶ風習が広まり、また江戸時代には松平定信が、「安房国一之宮大明神」と自筆した篇額を奉納したこともあり、本来は国に1つとされる一宮が、安房国館山には2つも存在することとなったのです。


posted by かめ忍者 at 18:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ご利益散歩in真壁のひな祭り 和の風 第15章

真壁のひな祭り 和の風 第15章
2017年(平成29年)2月4日〜3月3日まで

2月25日(土)に足を運びました
DSC_1035.jpg

DSC_1073.jpg
筑波山麓にある真壁町

DSC_1069.jpg

DSC_1034.jpg

DSC_1039.jpg

DSC_1053.jpg
なかなかの人出でした

DSC_1055.jpg

DSC_1054.jpg
なかなか個性的なひな人形

DSC_1057.jpg
靴屋さんもひな人形がディスプレイ

DSC_1038.jpg
真壁町のゆるキャラ いしおさんのひな人形

見世倉・土蔵などが軒を連ねる風情豊かな町並みの真壁町に、約180軒の家がひな人形を飾る一大イベントです。
町の各地に展示しているひな飾りは、数百年前の由緒あるひな人形や現代作家の作品、はたまた石で作られた変わり種まで。愛らしいひな人形と歴史ある町並みが楽しめます。


DSC_1040.jpg
懐かしいタバコ屋さん

DSC_1066.jpg
子供時代に良く親しんだ風景

DSC_1042.jpg
宮本精肉店、コロッケを買い求めるお客さんの列
2010年放送の『ちい散歩』でコロッケ大好きな地井武男さんが訪れたお店

DSC_1056.jpg
元真壁町郵便局

DSC_1070.jpg
ひょうたんのダルマ

DSC_1072.jpg
懐かしい ホンダ モトコンポ

DSC_1032-1.jpg
(旧)真壁町のマンホール、町の花だったヤマユリが描かれています。
(現在は合併して桜川市となっています)

真壁のひな祭り 和の風 第15章
来月の3月3日まで開催されています。足を運んでみては如何でしょうか^^

posted by かめ忍者 at 00:24| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

岩舟駅に静かな巡礼ブーム

「そうだ岩舟、行こう」

5cmopen.jpg

新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」のヒットに伴い、JR両毛線の岩舟駅に静かなブームが来てます。
監督の代表作の一つで駅が登場します。「秒速5センチメートル」(2007年公開)も再注目されていて、映画の舞台へ”巡礼”に訪れるファンがチラホラ。地元の方々も盛り上がり歓迎ムードです^^

本作品では主人公である遠野貴樹くんは、「豪徳寺(小田急線)→新宿(埼京線)→大宮(宇都宮線)→小山(両毛線)→岩舟」という乗り継ぎで明里に会いに行ったようです

byousoku5cm.jpg

小学校で出会い好意を寄せあいながらも離れ離れになった2人、貴樹と明里の再会と心の動きなどが描かれている。岩舟は明里の転校先で、雪に覆われた駅周辺が登場する。

岩舟駅前
iwafune-eki-1.jpg

iwafune-eki-2.jpg

駅での場面
iwafune5.png

iwafune7.jpg

iwafune-eki-13.jpg

iwafunehome.jpg






5cm9.jpg

5cm99.jpg

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング