2017年07月07日

坊ちゃん団子

会社の友人から「坊ちゃん だんご」いただきました

DSC_2413.jpg
坊ちゃん団子は愛媛県、道後温泉の言わずと知れた名物です。
あんこに包まれたお餅が串にささっています。上から緑・黄色・黒の3色が特徴です。

アンコは固めでしっかりとした食感で、お餅も存在感があり、お餅が好きな人にはオススメです。
仕事をして疲れた時に食べると、よりほっとする味で懐かしさも感じられます。
濃いお茶と一緒に頂くと抜群です。
「御馳走様でした!」

DSC_2414.jpg
箱はレトロなデザインで、どこか古き良き日本という感じが漂いってます


「坊ちゃん団子」の名前は、その名の通り、夏目漱石の小説「坊っちゃん」に由来しています。小説「坊っちゃん」のなかに、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と、道後温泉で団子を2皿も食べる場面が登場することから、「坊ちゃん団子」と呼ばれるようになったそうです

この小説に登場する団子は、「つぼや菓子舗」(以前は「茶屋又」という屋号でした)で、当時「湯晒し団子」と呼ばれていたものがモデルとされています。実際に、夏目漱石は松山に赴任していた頃によくこの団子を食べていたのだとか。当時は米で作った餅に小豆あんをまぶした素朴なものだったと言われていますが、小説「坊ちゃん」が発表されてから道後温泉の団子が有名になり、二代目が今の3色の団子にしたと言われています。

いろいろな製菓会社さんから、坊っちゃん団子が発売されておりますが
最も早く売り出されたのは道後温泉街にある元祖坊っちゃん団子の「つぼや菓子舗」さんです
「亀井製菓」さんの坊っちゃん団子はサービスエリア、お土産屋さんで一番多く見られ人気がありますね。

DSC_2415.jpg
亀井製菓 坊っちゃんだんご

posted by かめ忍者 at 10:19| 栃木 🌁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

いい旅・夢気分!パリー食堂(埼玉県秩父市)

昭和レトロか大正ロマン的なミステリアスな風景が今に残る街秩父!
その中でも一押しがパリー食堂。
まるでタイムスリップしたかのような雰囲気で旅情満点

DSC_1590.jpg

DSC_1592.jpg

DSC_1591.jpg

灰色のそびえ立つビルにメニューのサンプルがガラスケースにディスプレイされ、暖簾は右からの文字
いつの時代に迷い込んでしまったんだといった感覚です。

DSC_1593.jpg
梅宮辰夫と山下真司がパリー食堂で向かい合って座っている写真
いい旅・夢気分 初夏の秩父・長瀞 ライン下りとぶらり食べ歩きでの1コマらしい

DSC_1594.jpg

menyupari.jpg
メニュー

DSC_1595.jpg
丼と小皿に書かれた「パリー」のネーム入りもいい感じ


「ごちそうさまでした」とお店を出て、あらためてその外観を眺めました。
現代に戻ったような不思議な感覚。なんか、とても楽しかったです。


pari2.jpg
黄金に輝く「パリー」の文字、建物の古びた具合とは対照的に鮮やか
実は、この建物木造2階建てです。表から見たら3階建てにしか見えない典型的な看板建築の特徴があります。
3階建てかと思わせる窓は装飾らしいです

DSC_1600.jpg
パリー食堂
秩父駅から歩いて5分程度、商店街の一角にある食堂で、レトロ感が素晴らしい

当初はパリーの名の通りオシャレでモダンなカフェーだったらしいが、今ではすっかり鄙びた大衆食堂です
建物は昭和2年(1927)に建てられた店舗建物
ちなみに、建物は当時のままです。

国の登録有形文化財にも指定されている店舗建物なので、見るだけでも価値があります。

パリー食堂
住所:秩父市番場町19-8
電話:0494-22-0422
営業時間:11:30〜21:00 不定休

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「平成の大修理」を記念 陽明門ビール限定販売(一番搾り)

日光東照宮(日光市)の国宝・陽明門が「平成の大修理」を経て修復されたことを記念し、キリンビール栃木支社は、陽明門などをラベルにあしらった「一番搾り生ビール」を3月14日から栃木県内数量限定で発売中!

DSC_1436.jpg

DSC_1437.jpg
表、裏でデザインが違います

先月改修を終えた日光東照宮のシンボル、陽明門。
ピッカピカに新しく、霊獣や故事にちなんだ無数の彫刻が門全体を飾り、もう眩いほどに煌びやかで絢爛豪華

DSC_1438.jpg

過去、日光東照宮 400年式年大祭や、御鎮座400年の限定一番搾りを逃していたので
今回は東照宮を訪れ帰宅時に この日光東照宮陽明門竣工記念 キリン一番搾り限定ビールが飲みたくなり買ってしまいました。

季節外れですが大好きなサンマをつまみに飲みました!


itibansibori.jpg


posted by かめ忍者 at 19:14| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

タモリも食べた、日光 宮前だんご

日光街道沿いにある宮前だんご 🍡🍡🍡
享保8年創業という老舗の団子屋

DSC_1408.jpg

DSC_1409.jpg
ブラタモリで日光を紹介していた際、タモリさんが団子を食べた紹介の写真がありました

DSC_1410.jpg
注文したのは
宮前だんご(1皿5本 550円)

団子のタレはどうしますか?と聞かれ、秘伝のタレ 3本、醤油味 2本で注文
ここの団子は注文してから焼くそうです。

秘伝のタレの団子
食べてみると、素朴な味
団子はもち米を使用せずに米と米粉で出来ているとの事
秘伝のタレは、味噌と黒砂糖という組み合わせで、甘塩っぱく焼きの香ばしさを感じます。

醤油味の団子は柔らかく、普通の感じ 「This is 団子」
モチモチで柔らかく、濃い醤油の焼けた香ばしさが口の中に広がり美味しいです。

DSC_1411.jpg
ひと串に4粒ありますが、これは仏教用語の四締の理に因んだもので、不老不死の縁起物として、その昔はご利益のある団子として親しまれていたようです。。_〆(・ω・o)




日光 宮前だんご
住所:日光市下鉢石町956
電話:0288-53-3344
営業時間:11:00 〜 17:00
定休日:木曜日(季節や気候により休業の場合あり)
駐車場:郷土資料センターに完備

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

山田家の人形焼(錦糸町)

yamadayakinsi 1.jpg

yamadayakinsi.jpg
錦糸町にある人形焼専門店「山田家」さんです。人形焼のお店は東京に数多くありますが、その中でも美味しいお店

人形焼は1個80円程度。お土産用だと箱代もかかり少し割高となります。
2日ほど保存は出来るので、お土産にも喜ばれます。下町にはいろんな人形焼きが売っていますが、ここは間違いなく美味いです。オススメし狸がカワイイ!

yamadahousousi.jpg
宮尾しげを氏による本所七不思議の包装紙。


yamadaya.jpg
鶏卵・食品問屋の山七食品を母体とする「山田家」の創業は昭和26年。鶏卵を生かせる商売として始めた人形焼が、今ではここ東京・錦糸町の名物になっています。

山田屋 本店
東京都 墨田区 江東橋 3−8−11 
03-3634-5599

posted by かめ忍者 at 00:01| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

金沢銘菓『中田屋のきんつば』

金沢のお土産で頂きました
『中田屋』さんの「きんつば」です。餡の粒が大きくて、甘さも上品で本当に美味しいんです


DSC_1003.jpg
龍のマークは創業者「中田憲龍」さんが考案

DSC_1004.jpg
包装はこんな感じ。きんつばのお値段は、箱入りで「5個入り箱(892円)」「12個入箱(2,121円)」

DSC_1005.jpg
中田屋さんのきんつばの表面
四角く切り分けたところに、一つひとつ薄い衣を刷毛で塗りながら焼いているとか。口当たりが上品でまろやかです

DSC_1006.jpg
餡の粒が大きいのが分かります。見るからに甘そうですが、甘さは極力控えめになっていて、つい沢山食べてしまいます。


※艶やかな大納言小豆のつぶ餡
中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。
四季の気候の変化が大きな北陸では、温度や湿度管理によって小豆の炊き方を変えるなどの工夫が必要です。こうして、小豆餡は職人の永年の経験と勘によって中田屋のきんつばに最適な状態に炊き上げます。
「中田屋のこだわり」より


■きんつば 中田屋
本 店/ 石川県金沢市元町2-4-8 TEL:0120-588-228
販売店/ 金沢市内支店及び百貨店常設店舗、島屋・三越各店
HP: http://www.kintuba.co.jp/main.html
※オンラインショップもあります

DSC_1103-1.jpg

DSC_1104-1.jpg


posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

チーズガーデン五峰館 「御用邸チーズケーキ」

栃木は知る人ぞ知るチーズケーキの激戦区です。
古くから観光地として注目が高く、戦前より国外からも集客する栃木県にはいち早く洋菓子文化が伝来していました。
生産量が北海道に次ぐ全国第2位と豊富な牛乳はバラエティに富み、チーズケーキが独自の発達をみせた。
特に観光客に人気の日光・那須エリアでは、牧場の数も多いことから、あらゆる種類のチーズケーキが楽しめる。

御用邸.jpg

DSC_1003.jpg

那須高原の有名店 チーズガーデン五峰館の「御用邸チーズケーキ」がとても美味しいです。
栃木の那須御用邸から名前をとった御用邸チーズケーキは、賞味期限が16日とかなり日持ちがするのもあり、お土産にもお勧めです。

素材の持ち味を存分に生かしたベイクドタイプです。(レア、期間限定物などもありますが基本はベイクド)
味はクリームチーズのコクがメイン、甘酸っぱい味が口の中に広がって、舌の上で溶けていく。パサつきは皆無と思っていただいてOKです。
濃い目のチーズケーキが好きな方には絶品じゃないでしょうか

DSC_1005.jpg

DSC_1006.jpg

全国的に通販(値段は1230円+送料)があり本店以外にも栃木各店、東京、大阪にもあるので購入しやすいかと思います。
DSC_1004-1.jpg

本店は通称『那須街道(県道17号線)』沿いにあり
東北自動車道の那須インターからすぐです。(北へ3km)

3御用邸.jpg
◆チーズガーデン 五峰館
[所在地]栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
[TEL]0287-64-4848
[営業時間]9:00〜18:00

posted by かめ忍者 at 11:02| 栃木 ☀| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

榮太樓總本鋪と獺祭のコラボ甘酒

私、最近甘酒にハマっております。

お正月、初詣に寺社へ参拝すると結構な確率で甘酒をご馳走になります。

〜ありがとうございます! ご馳走様でした〜
和菓子屋のあま酒榮太樓×獺祭.jpg
買い物でスーパーを歩いていてお酒売り場で見つけました
2016年11月7日より新発売!

ちょっと珍しい、榮太樓と獺祭がコラボした甘酒です!
お値段は甘酒にしてはソコソコしますが、蔵元と老舗の和菓子店を考えると妥当な値段・・・
むしろ若干お得すら感じてしまいました。

さっそく飲んでみました。
(お酒売り場で買いましたが、アルコールは1%未満)
鼻に抜ける芳醇な米の味と香り そして、甘酒の独特の甘さがあるものの後味がスッキリ

心も温まるし、いかにも冬の飲み物って感じがする
これは熱々での感想
冷たいまま飲んでもスッキリとした味わいで、あっさり軽く飲み干せちゃいます。
夏場に飲んでもいいですね!「飲む点滴」!!

まあ、辛党派にはオススメできない甘さですね。

9969646ad511ba6791183bf9a84d99d9.jpg

【商品概要】
商品名 :和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭
価格  :1,200円(税抜)
内容量 :770g(酒粕に含まれるアルコール分1.0%未満。
アルコールに弱い方はご注意ください)
発売日 :2016年11月7日(月)
取扱店舗:全国スーパー、コンビニ他の量販店様で販売

【榮太樓總本鋪とは】
榮太樓總本鋪の起こりは、文政元年(1818年)に細田徳兵衛が孫ふたりを連れて江戸に出府、「井筒屋」の屋号で菓子の製造販売を始めたもの。やがて、徳兵衛の曾孫に当たる細田安兵衛(幼名栄太郎)が安政四年(1857年)に日本橋のたもと西河岸町に店を構え、自身の幼名に因んで「榮太樓總本鋪」と改号。名代「金鍔」に加え、甘名納糖、梅ぼ志飴、玉だれなど今に続く菓子を創製し、高度成長期の百貨店デパ地下ブームと共に、全国に店舗が広がりました。平成6年(1994年)からは量販店市場(全国のスーパー、コンビニエンスストア等)にも、三菱食品株式会社を販売パートナーとして進出。代表商品として、「黒みつ飴」、「しょうがはちみつのど飴」、「黒かりんとう」を販売しております。
URL: http://www.eitaro.com/


【旭酒造株式会社 純米大吟醸「獺祭」とは】
山口県岩国市の旭酒造株式会社が、国産酒米山田錦を磨きぬいて作る日本酒。国内はもちろん、世界的にも評価が高く、今最も人気のある日本酒のひとつです。酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて、美味しい酒造りを目指しております。
URL: http://www.asahishuzo.ne.jp/



以前紹介した
文の助茶屋の甘酒
も通販で買っちゃおうかな〜

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

喜連川の大人気パン『元祖 温泉パン』 (栃木県さくら市)

1483443841583.jpg
温泉パンを買うなら「温泉パン 直営店」
もともと喜連川町の小さなパン屋から始まり、今では全国的に販売も行っている温泉パンですが、直営店も健在。

DSC_0767.jpg
今回は1月3日だったので品ぞろえが少なかった

温泉ぱん.jpg

独特の製法で、中身のギュッと詰まった重量感のあるパン
保存料を使わなくても日持ちの良いところがこのパンの特徴です。甘みのある温泉パンは何もつけなくても十分にそのおいしさを味わうことができます。

長年作り続けられている元祖温泉パン、プレーンの他にも様々な味があり、どれにするか迷ってしまうほどです。

「喜連川温泉」で作られている、懐かしい味と雰囲気の温泉パン。丸い形と、ちょっと無骨なパン生地が、他のパンとは違う独特の個性となっています。
温泉と銘打っていますが、実は温泉のお湯は使用していません。町おこしとして喜連川温泉が掘削された昭和56年頃までこのパンには名前がなく、創始者が温泉掘削に深く関わったことから、「温泉パン」という命名がされたのだとか。

昭和15年、傷痍軍人として 北京より帰国してきた笹沼昌一(ササヌマショウイチ)は当時23歳。 徴兵される以前、東京の旭堂というパン屋さんで働いていた経験を生かし、翌年昭和16年より町のご意見番に「これからはパンの時代だべ。」とパン屋を開業。 傷痍軍人だったため、粉の特別配給がありました。

メインはコッペパン。

昭和23年頃、当時の喜連川町には6軒もパン屋ができましたが、しかし、あさひ堂はそのサバイバルを勝ち抜くのでした。
そして、昭和28年法人設立、合資会社旭堂となり、それからは、学校給食用の食パンやコッペパンを主としてきましたが、昭和30年頃に食パンの余り生地を使ってその当時の職人さんたちといたずらに作って出来たのが、現在の温泉パンの原型なのです。

コッペパンの流れを汲む元祖の他にも、くるみ、レーズン、オレンジなどの具が入ったもの、コーヒー味、抹茶味の生地など、様々なパンが作られています。



店舗情報
温泉パン株式会社工場直営店
住所:〒329-1414 栃木県さくら市早乙女95−6
TEL:0120ー86-2072
公式サイト:http://onsenpan.co.jp/

〒329-1414 栃木県さくら市早乙女95−6
電話注文:0120-16-6627(9時〜17時・年中無休)
FAX注文:0120-55-7870

温泉パンは通販、電話、FAXなどでも買うことができます。さらに、3,240円(税込)以上の購入で送料が無料

posted by かめ忍者 at 23:00| 栃木 ☔| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

たまご屋のスイーツ 坂斉

埼玉県杉戸町のはずれの方にある「坂斉養鶏場」(さかさいようけいじょう)
ちょくちょくテレビに出たりして結構有名な養鶏所
tamaTV.jpg

ナビを頼りに向かっても、かなり分かりづらい場所で、農家の庭先の様なお店で入り口近くに来ても分かりづらいほどです。

tamaya1.jpg
販売所の中は、ふたつに仕切られていて、向かって右が「玉子」を売っている「坂斉養鶏場」さん
左が「お菓子」を売っている「卵や(TAMAYA)」さんです。布で隠れているあたりが、洋菓子やの入り口


卵は基本予約販売らしいのですが、たまたまあれば形が不揃いのB品の残りを買うことが出来そう


tamaya2.jpg
洋菓子やは、いい香りで、ロールケーキやチーズケーキ、クッキー、マドレーヌなどなどシンプルだけど卵の味わいが伝わってきそうなものばかりでした。

プリン甘さ控えめバージョンはすっごい程よい甘さ
しっかりめの食感を想像していたのですが、とろけるプリンて感じで食感はとろとろです。

スタンダードなプリン、こっちは結構しっかりめな甘さ。
ガツンと甘いものが食べたい人はこちらがおすすめ

tama2.jpg

tama.jpg

住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町大字遠野 539
休業日:1月1・2・3日のみ
営業時間:8:30〜18:30
TEL:0480−38−2464

posted by かめ忍者 at 22:59| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング