2020年07月07日

「NASUのラスク屋さん」のラスク

「NASUのラスク屋さん」のラスクをいただきました

IMG_20200707_195826.jpg

まずパッケージのキュートなこと!

ランドリーマークのような4つのイラストは、
 1)おいしい小麦と
 2)那須のおいしい水と
 3)自家製酵母を使って
 4)ドイツ製のオーブンで焼き上げた

ラスクのためのフランスパンを焼いて使用しています

というところからきた、イラストなんだそうです


IMG_20200707_195840.jpg
メープル、ガーリック、シュガー、オニオンコンソメ、マーブル、お茶、こげパンだ

IMG_20200707_210354.jpg
ラスクは薄切りなのに、こげぱんだだけは、ゴツゴツした一口サイズです

IMG_20200707_195908.jpg
とても美味しいです!


「NASUのラスク屋さん」

栃木県那須郡那須町高久乙594
tel 0287-78-3309

   http://www.e-baum.co.jp/


posted by かめ忍者 at 21:10| 栃木 ☔| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば

東洋水産のカップまぜそば、「マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば」をいただきました

IMG_20200705_140649.jpg
2020年2月17日に発売された、「マルちゃん でかまるシリーズ」の新商品
大阪のまぜそば専門店、「豚骨まぜばKOZOU+」の味を再現したカップ麺です。

IMG_20200705_140712.jpg
「でかまる」のこってりイメージにぴったりな「豚骨塩まぜそば」で、パッケージには「柚子の風味を利かせた、豚骨ベースの塩味まぜそば!」と記載

IMG_20200705_115939.jpg

大阪のまぜそば専門店、豚骨まぜそば KOZOU+(小僧プラス)の「第11回 最強の次世代ラーメン決定戦! 汁なし部門」優勝メニュー「ネギ塩KING PORK」をカップ麺で再現!!

「最強の次世代ラーメン決定戦」とは、これまでにない新しいラーメン=次世代ラーメンを生み出すことを目的とした “ユーザー参加型” の企画で、Yahoo!特別企画並びにラーメンデータバンク協力のもと発足。今回の「ラーメン特集 2019-2020」で開催11回目を迎え、より個性の際立った作品を募るために今回から “次世代部門” が「次世代こってり部門」と「次世代あっさり部門」に分断されました。


IMG_20200705_120024.jpg
再現元の優勝メニュー「汁なし豚骨ネギ塩まぜそば(ネギ塩KING PORK)」は、同店の1番人気「KING PORK(キングポーク)まぜそば」の進化版で、それには細めのストレート麺を使用しているのに対し、カップ麺では油で揚げた角刃の太ちぢれ麺を採用しています。ただ、これについてはタレとのバランスや食べ応えに配慮した “あえての選択” とのこと。

その麺、太ちぢれ麺は、実際にタレとのバランスがよく、豚骨と醤油の甘味に柚子の清涼感が特徴的なタレは文句なしで美味しかったですし、玉ねぎと後入れの乾燥ネギによるアクセントも絶妙で素晴らしい!


posted by かめ忍者 at 14:30| 栃木 ☔| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

「昆虫食」の世界

現代人が「昆虫は食料か?」と問われたら、暮らしている国や地域によって、「イエス」と答える人も「ノー」と答える人もいるでしょう。しかしながら、人類がサルと分化した約700万年前には、まちがいなく昆虫は人類の貴重な食料でした。人類の発祥とともに“昆虫食”の文化も始まっていたといえます。

5_01.jpg
昆虫は身近にいて、簡単に手に入れられる貴重なタンパク源でした。昆虫の栄養価は高く、コオロギ100グラム当たりのタンパク質は牛肉と遜色ない量。この事実を知って驚く人も多いのではないでしょうか。タンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなどを豊富に含む昆虫も多く、実は昆虫は栄養面でとても優れた食材なのです。

今も、南極以外のすべての大陸に昆虫食文化が残っており、現在、食用にできる昆虫はざっと2000種類! 世界の100カ国近くに多様な昆虫食文化があるそうです。

世界でよく食べられている昆虫は、カブトムシなどの甲虫、イモムシ(蛾・チョウの幼虫)、アリ、ハチ、バッタ、イナゴ、コオロギ、セミ、ウンカ、カイガラムシ、カメムシなど。成虫のほか、さなぎ、幼虫、卵を食するものもあります。

ヨーロッパでは2018年1月、EU(欧州連合)加盟国で「Novel Food(ノヴェルフード)に関する規制」が施行され、昆虫が“ノヴェルフード(新食品)”に規定。栄養価の高さ、地球環境への負荷の低さなどが注目され、食用昆虫の養殖、加工食品の製造・販売するスタートアップ企業も誕生しています。

アメリカでも、健康志向や環境保護の観点から、大豆などの植物性タンパク質を使った代替肉が注目を浴びていますが、同じような理由で昆虫食への関心が高まってきています。

5_06.jpg
2014年3月にアメリカ『EXO』はコオロギ粉末を使用したプロテインバーを販売開始。


時代とともに減少してきた昆虫食ですが、10年ほど前、昆虫を食材として見直す動きがありました。2008年、国連食糧農業機関(FAO)が、栄養的に優れた昆虫食を積極的に推進するという方針を明らかにしたのです。2013年の報告書では、世界人口の増加による食料不足の対策として昆虫食が推奨され、昆虫食は新たな時代を迎えました。

ヨーロッパや北米を中心に食用昆虫ビジネスが活気を帯びる一方で、伝統的な昆虫食も注目され、昆虫ならではの味わいや香り、食感など、昆虫のおいしさを初めて体験する人も増えているようです。昆虫食が一般的になり、誰もが昆虫を「食料」だと答える日がそう遠くない日にくるかもしれません。

(BUGS GROOVE編集 文: 桑畑 裕子氏 抜粋)



posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

無印良品「コオロギせんべい」

新食品として、巷でじわりと注目を集めている昆虫食。たんぱく質を中心に豊富な栄養素を備えていることから、サプリメントや漢方などの健康食品としても注目されている。

IMG_20200531_223027.jpg
これまで昆虫食の生産販売を行ってきたのは、主に新興企業。一般にはまだまだなじみが薄い昆虫食を、あまり聞いたことのない会社が作っているとなると、消費者としては手を出しにくいのが本音ではないだろうか。
そんな昆虫食販売に大手が参入した。販売するのは、無印良品を展開する良品計画。商品名はそのものズバリ「コオロギせんべい」

使用するのは、昆虫食に詳しい徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」
見た目の抵抗感をなくすために、コオロギは粉末状にして練りこんだ。また、コオロギそのものの味を活かすために、余計な原料を使わずにシンプルな配合に。
「エビせんべいのようで食べやすい」
「香ばしくておいしい」
「ほぼエビせん」といった感想

posted by かめ忍者 at 22:37| 栃木 ☁| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

大正十一年創業 金城軒カリーパン(フジパン)

フジパンの金城軒カリーパンをいただきました

IMG_20200419_185042.jpg
金城軒ってどこのカレー屋さん?
それとも洋食屋さん?
そんな名店とのコラボかな?と思ったら・・・

実はフジパンの前身のです!
時は1922(大正11)年。愛知県名古屋市にて創業者・舟橋甚重がパン、和菓子の製造販売を行う店舗を構えました。
その店の名前が「金城軒」なのです。
名古屋城の金のシャチホコのように、地元に親しまれる店にしたいという思いから名づけられたそうです。

今や業界第3位の大企業ですが、当時は創業者自ら自転車でパンを移動販売するなどしていたらしいです。

IMG_20200419_185257.jpg
そんな金城軒の名を冠したカレーパン

IMG_20200419_185318.jpg
割ってみると、結構パン生地が厚めであることがわかりますね。

味は非常にオーソドックスで、カレーの辛さはほとんど感じない程度、ちょっぴりスパイシーな感じです。



posted by かめ忍者 at 19:23| 栃木 ☁| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング