2017年11月19日

鶴屋吉信の代表銘菓「京観世」

京観世(きょうかんぜ)
村雨と丹波大納言のつぶ餡で作られたロールケーキ状の小倉羹

1511095021351.jpg
外側そぼろ餡、内側はつぶ餡、どちらも甘いのですが上品な味です
至福の時を過ごさせていただいた一品です
「この美味しさは甘未のみぞ知る」

1511095028801.jpg
京観世の由来「観世水」
鶴屋吉信本店からほど近いところに、 能楽・観世流の家元・観世家の鎮守であります 「観世稲荷」が 祀られており、そこに「観世井」という井戸がございます。 ある時この井戸へ天から龍が舞い降りて以来、 水が常に揺れ動いて美しい波紋を描くようになったと伝えられています。 京観世はこの伝説にちなみました。


「株式会社 鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」
享和3年(1803)創業
昭和25年(1950)設立
◆ 本 店 京都府京都市上京区今出川通堀川西入 TEL: 075-441-0105
◇ 販売店 京都市内直営店及び東京支店、三越・島屋・伊勢丹など各百貨店の常設店舗

posted by かめ忍者 at 22:15| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

モロゾフの「カスタードプリン」生誕55周年を記念

ショーウインドウでプリン発見
DSC_3039.jpg
モロゾフの「カスタードプリン」生誕55周年を記念して「ありがとうカスタードプリン誕生55周年〜プリンのおいしさ再発見〜」が、6月20日よりモロゾフ各店で開催される。こだわりの素材を使用した季節限定のプリンが登場。

カフェモロゾフ.jpg
●発売55周年を迎える「カスタードプリン」
カスタードプリンが誕生したのは1962年(昭和37年)
東京銀座にほど近いモロゾフのカフェ
当時の従業員がオリジナルメニューとして1日数十個ずつプリンを焼き始めたのがはじまりです。
6年後の1968年(昭和43年)、工場での生産を開始。広く販売されることになりました。

DSC_3041.jpg
今回は宮崎県産高千穂ひのかげ栗使用のモンブランプリンを購入
販売期間:2017年9月1日(金)〜10月31日(火)
内容量/サイズ:137g税込価格:378円(本体価格 350円)

DSC_3042.jpg

DSC_3043.jpg

DSC_3044.jpg
モロゾフのプリンは、卵の風味があって美味しいですね
モンブランもとっても美味でした
「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」



このガラス容器捨てられなくて・・・

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

コスパ良すぎ!コストコのトリプルチーズタルト

先々週コストコに行ってきました

コストコならではのボリューミーなパンやお肉がフードコートにあふれています!
気になる商品がたくさんありますね!そんなコストコで、ぜひ一度は購入したい商品がこれ!

DSC_2956.jpg
超定番だったスフレチーズケーキがなくなって、チーズ系ケーキはトリプルチーズタルトに変わった模様

DSC_2958.jpg
コストコのプライベートブランドカークランドの商品
こっちが申し訳ないくらいのコストパフォーマンス!!
商品番号 93930
価格 ¥1280
内容量 1270g
3種類のチーズが入ってるらしいですが、表記は「ナチュラルチーズ」との表記のみ

DSC_2959.jpg
大きさ 直径は30cm厚みは3cm!
「お腹一杯 チーズタルトを食べたい方に超お勧め!」
賞味期限は購入日含め4日なので、冷凍保存は必須ですね

DSC_2961.jpg
しっとりしたクッキーの様なタルト生地のザクザクとした食感と、チーズの滑らかさが絶妙です
「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」
食べ過ぎてしまうので頻繁には買えませんが、また買いです!

posted by かめ忍者 at 10:44| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

東京 桜新町のおはぎ専門店 「タケノとおはぎ」

DSC_2962.jpg
東京 桜新町 タケノとおはぎ
息子、次男坊が出掛けて購入しました

元々で人気店なのですが ドラマ「さぼリーマン甘太郎」の放送からさらに火がつき行列の超人気店・・・

1505687223546.jpg
つぶあん、こしあん、さくら、栗とラム酒、ナッツ、麻の実、ココナッツ

ユニークな食材の組み合わせが楽しい

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」


桜新町から用賀方面に向かって徒歩5分。ガラス張りの落ち着いた雰囲気の建物が、おはぎの専門店「タケノとおはぎ」です。

店名の「タケノ」は、店主・小川寛貴さんのおばあちゃんの名前。タケノおばあちゃん直伝のこしあんと粒あんのほか、季節によって変わるおはぎを販売しています。


タケノとおはぎ
東京都 世田谷区桜新町1-21-11 MAP
03-6413-1227
12:00〜18:00(売切次第、終了)
定休日 月、火曜
HP:https://www.facebook.com/1665389700383515/


posted by かめ忍者 at 22:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

【成城石井】北海道産小豆と有機豆乳のプレミアムチーズケーキ

本日、スーパーマーケット成城石井の「自家製プレミアムチーズケーキ」を食べました、これが濃厚なスイーツ好きにはたまらない!
是非、同じく濃厚なスイーツが好きな人には、一度食べていただきたいです

DSC_2959.jpg

プレミアムチーズケーキから新商品
北海道産小豆と有機豆乳の「和」プレミアムチーズケーキです

キビ糖で仕上げたパウンドケーキ生地土台は、定番のプレミアムチーズケーキと同じです。
その土台の上に粒餡を絞り、クリームチーズにこし餡と有機豆乳をまぜあわせて仕上げた小豆フロマージュ生地を重ね、表面に大納言かのこ豆をトッピングした贅沢な和のチーズケーキです。

小豆の甘味とクリームチーズの酸味が、豆乳のまろやかな味わいで絶妙にまとまっています。
チーズの風味はしっかりと感じるのですが、小豆や豆乳が入ることでさっぱりと仕上がっているので、よく冷やしてこの暑い時期にもおいしく頂けます。

wa_premium.jpg

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」

posted by かめ忍者 at 21:25| 栃木 ☁| Comment(2) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

坊ちゃん団子

会社の友人から「坊ちゃん だんご」いただきました

DSC_2413.jpg
坊ちゃん団子は愛媛県、道後温泉の言わずと知れた名物です。
あんこに包まれたお餅が串にささっています。上から緑・黄色・黒の3色が特徴です。

アンコは固めでしっかりとした食感で、お餅も存在感があり、お餅が好きな人にはオススメです。
仕事をして疲れた時に食べると、よりほっとする味で懐かしさも感じられます。
濃いお茶と一緒に頂くと抜群です。
「御馳走様でした!」

DSC_2414.jpg
箱はレトロなデザインで、どこか古き良き日本という感じが漂いってます


「坊ちゃん団子」の名前は、その名の通り、夏目漱石の小説「坊っちゃん」に由来しています。小説「坊っちゃん」のなかに、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と、道後温泉で団子を2皿も食べる場面が登場することから、「坊ちゃん団子」と呼ばれるようになったそうです

この小説に登場する団子は、「つぼや菓子舗」(以前は「茶屋又」という屋号でした)で、当時「湯晒し団子」と呼ばれていたものがモデルとされています。実際に、夏目漱石は松山に赴任していた頃によくこの団子を食べていたのだとか。当時は米で作った餅に小豆あんをまぶした素朴なものだったと言われていますが、小説「坊ちゃん」が発表されてから道後温泉の団子が有名になり、二代目が今の3色の団子にしたと言われています。

いろいろな製菓会社さんから、坊っちゃん団子が発売されておりますが
最も早く売り出されたのは道後温泉街にある元祖坊っちゃん団子の「つぼや菓子舗」さんです
「亀井製菓」さんの坊っちゃん団子はサービスエリア、お土産屋さんで一番多く見られ人気がありますね。

DSC_2415.jpg
亀井製菓 坊っちゃんだんご

posted by かめ忍者 at 10:19| 栃木 🌁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

山田家の人形焼(錦糸町)

yamadayakinsi 1.jpg

yamadayakinsi.jpg
錦糸町にある人形焼専門店「山田家」さんです。人形焼のお店は東京に数多くありますが、その中でも美味しいお店

人形焼は1個80円程度。お土産用だと箱代もかかり少し割高となります。
2日ほど保存は出来るので、お土産にも喜ばれます。下町にはいろんな人形焼きが売っていますが、ここは間違いなく美味いです。オススメし狸がカワイイ!

yamadahousousi.jpg
宮尾しげを氏による本所七不思議の包装紙。


yamadaya.jpg
鶏卵・食品問屋の山七食品を母体とする「山田家」の創業は昭和26年。鶏卵を生かせる商売として始めた人形焼が、今ではここ東京・錦糸町の名物になっています。

山田屋 本店
東京都 墨田区 江東橋 3−8−11 
03-3634-5599

posted by かめ忍者 at 00:01| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

金沢銘菓『中田屋のきんつば』

金沢のお土産で頂きました
『中田屋』さんの「きんつば」です。餡の粒が大きくて、甘さも上品で本当に美味しいんです


DSC_1003.jpg
龍のマークは創業者「中田憲龍」さんが考案

DSC_1004.jpg
包装はこんな感じ。きんつばのお値段は、箱入りで「5個入り箱(892円)」「12個入箱(2,121円)」

DSC_1005.jpg
中田屋さんのきんつばの表面
四角く切り分けたところに、一つひとつ薄い衣を刷毛で塗りながら焼いているとか。口当たりが上品でまろやかです

DSC_1006.jpg
餡の粒が大きいのが分かります。見るからに甘そうですが、甘さは極力控えめになっていて、つい沢山食べてしまいます。


※艶やかな大納言小豆のつぶ餡
中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。
四季の気候の変化が大きな北陸では、温度や湿度管理によって小豆の炊き方を変えるなどの工夫が必要です。こうして、小豆餡は職人の永年の経験と勘によって中田屋のきんつばに最適な状態に炊き上げます。
「中田屋のこだわり」より


■きんつば 中田屋
本 店/ 石川県金沢市元町2-4-8 TEL:0120-588-228
販売店/ 金沢市内支店及び百貨店常設店舗、島屋・三越各店
HP: http://www.kintuba.co.jp/main.html
※オンラインショップもあります

DSC_1103-1.jpg

DSC_1104-1.jpg


posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

チーズガーデン五峰館 「御用邸チーズケーキ」

栃木は知る人ぞ知るチーズケーキの激戦区です。
古くから観光地として注目が高く、戦前より国外からも集客する栃木県にはいち早く洋菓子文化が伝来していました。
生産量が北海道に次ぐ全国第2位と豊富な牛乳はバラエティに富み、チーズケーキが独自の発達をみせた。
特に観光客に人気の日光・那須エリアでは、牧場の数も多いことから、あらゆる種類のチーズケーキが楽しめる。

御用邸.jpg

DSC_1003.jpg

那須高原の有名店 チーズガーデン五峰館の「御用邸チーズケーキ」がとても美味しいです。
栃木の那須御用邸から名前をとった御用邸チーズケーキは、賞味期限が16日とかなり日持ちがするのもあり、お土産にもお勧めです。

素材の持ち味を存分に生かしたベイクドタイプです。(レア、期間限定物などもありますが基本はベイクド)
味はクリームチーズのコクがメイン、甘酸っぱい味が口の中に広がって、舌の上で溶けていく。パサつきは皆無と思っていただいてOKです。
濃い目のチーズケーキが好きな方には絶品じゃないでしょうか

DSC_1005.jpg

DSC_1006.jpg

全国的に通販(値段は1230円+送料)があり本店以外にも栃木各店、東京、大阪にもあるので購入しやすいかと思います。
DSC_1004-1.jpg

本店は通称『那須街道(県道17号線)』沿いにあり
東北自動車道の那須インターからすぐです。(北へ3km)

3御用邸.jpg
◆チーズガーデン 五峰館
[所在地]栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
[TEL]0287-64-4848
[営業時間]9:00〜18:00

posted by かめ忍者 at 11:02| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

榮太樓總本鋪と獺祭のコラボ甘酒

私、最近甘酒にハマっております。

お正月、初詣に寺社へ参拝すると結構な確率で甘酒をご馳走になります。

〜ありがとうございます! ご馳走様でした〜
和菓子屋のあま酒榮太樓×獺祭.jpg
買い物でスーパーを歩いていてお酒売り場で見つけました
2016年11月7日より新発売!

ちょっと珍しい、榮太樓と獺祭がコラボした甘酒です!
お値段は甘酒にしてはソコソコしますが、蔵元と老舗の和菓子店を考えると妥当な値段・・・
むしろ若干お得すら感じてしまいました。

さっそく飲んでみました。
(お酒売り場で買いましたが、アルコールは1%未満)
鼻に抜ける芳醇な米の味と香り そして、甘酒の独特の甘さがあるものの後味がスッキリ

心も温まるし、いかにも冬の飲み物って感じがする
これは熱々での感想
冷たいまま飲んでもスッキリとした味わいで、あっさり軽く飲み干せちゃいます。
夏場に飲んでもいいですね!「飲む点滴」!!

まあ、辛党派にはオススメできない甘さですね。

9969646ad511ba6791183bf9a84d99d9.jpg

【商品概要】
商品名 :和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭
価格  :1,200円(税抜)
内容量 :770g(酒粕に含まれるアルコール分1.0%未満。
アルコールに弱い方はご注意ください)
発売日 :2016年11月7日(月)
取扱店舗:全国スーパー、コンビニ他の量販店様で販売

【榮太樓總本鋪とは】
榮太樓總本鋪の起こりは、文政元年(1818年)に細田徳兵衛が孫ふたりを連れて江戸に出府、「井筒屋」の屋号で菓子の製造販売を始めたもの。やがて、徳兵衛の曾孫に当たる細田安兵衛(幼名栄太郎)が安政四年(1857年)に日本橋のたもと西河岸町に店を構え、自身の幼名に因んで「榮太樓總本鋪」と改号。名代「金鍔」に加え、甘名納糖、梅ぼ志飴、玉だれなど今に続く菓子を創製し、高度成長期の百貨店デパ地下ブームと共に、全国に店舗が広がりました。平成6年(1994年)からは量販店市場(全国のスーパー、コンビニエンスストア等)にも、三菱食品株式会社を販売パートナーとして進出。代表商品として、「黒みつ飴」、「しょうがはちみつのど飴」、「黒かりんとう」を販売しております。
URL: http://www.eitaro.com/


【旭酒造株式会社 純米大吟醸「獺祭」とは】
山口県岩国市の旭酒造株式会社が、国産酒米山田錦を磨きぬいて作る日本酒。国内はもちろん、世界的にも評価が高く、今最も人気のある日本酒のひとつです。酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて、美味しい酒造りを目指しております。
URL: http://www.asahishuzo.ne.jp/



以前紹介した
文の助茶屋の甘酒
も通販で買っちゃおうかな〜

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング