2018年02月12日

黄金の極みチーズタルト

DSC_4027.jpg
最近良く見かけるチーズタルト、栃木県のとある道の駅で購入しました
「黄金の極み チーズタルト」
下に金色の帯が巻いてあるこちらの箱ですが、右側に“北海道”や“神戸”、“軽井沢”と追記したり名前を変えることで彼方此方のサービスエリアや土産店で販売しているようです。
常温で日持ちのするものです
1個 284g
【賞味期限】90日/常温

DSC_4028.jpg
開けると、すっごいチーズの匂い
3種類のチーズを使った濃厚チーズタルト
・クリームチーズ (14.7%)
・ゴルゴンゾーラチーズ(0.44%)
・ゴーダチーズ (3.9%)
チーズの風味は、スナック菓子の「チートス」を連想させられました
程よい塩味が効いてズッシリとした食べ応えでした

posted by かめ忍者 at 21:07| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

米納津屋の「雲がくれ」を食す

DSC_3906.jpg
米納津屋(よのうづや)の「雲がくれ」を頂いたので食べてみました。
言わずと知れた新潟の銘菓です。

表面は砂糖で固めてある様だけどマシュマロの様な食感。
その中に黄味餡が入っていた。
意表を突く食感に優しい甘さです

包み紙も風情があります
「めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに雲隠れにし 夜半の月かげ」
百人一首の中の紫式部の句だそうです。米納津屋のサイトに出ていました


越乃銘菓 雲がくれ
第17回全国菓子博に於いて金賞受賞
第23回全国菓子博に於いて栄誉大賞受賞
第26回全国菓子博に於いて名誉総裁賞及び茶道家元賞受賞
と、実力のある和菓子

HPによると「卵白に寒天と氷砂糖を加えた白色みぞれを雲に見立て、 月の風情を黄味餡に託しております。 さわやかな甘味で気品と趣のあるお菓子です。」
 
・店舗情報
国道店
住所 新潟県燕市吉田日の出町15-13
電話:0256-93-6898 FAX:0256-93-6898
営業時間 午前9時〜午後6時半(毎週水曜定休)

弥彦神社駐車場前店
住所 弥彦神社駐車場前
電話 0256-94-4813
営業時間 午前8時30分〜午後5時

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

味噌まんじゅう新井屋(佐野本町店)

DSC_3768.jpg
「味噌まんじゅう新井屋」佐野本町店
所在地:栃木県佐野市本町2942
長らく旧・葛生町で「味噌まんじゅう新井屋」としてお店を構えていたものが、平成17年から旧50号沿い。星宮神社参道入口に佐野本町店をオープン

新たに「新井屋」として出店したのは、明治10年頃に建てられた古い見世蔵。
元は古くからつづいていた調剤薬局「土佐屋」さんだった店舗を利用、再生オープンしたのだそうです。

DSC_3770.jpg
いざ、店内へ。
壁を彩るのは、かつて一個ずつ手作りしていた時代が写るモノクロ写真。
天井から下がる二機の照明は、世界中で愛されているデンマーク生まれのPHランプ。


DSC_3771.jpg
ショーケースの内外に並ぶのは・・・当然ながら、味噌まんじゅう

DSC_3778.jpg
ほんのり味噌味、懐かしい味わいの味噌まんじゅうもだけど・・・

DSC_3769.jpg
この・・・可愛いガラス瓶に入った味噌プリンも絶品です
日本人のDNAに強くインプットされた・・・「味噌」。
地元「関塚農場」さんの卵を主原料に、伝統調味料の「味噌」を加えることで、普通のプリンでは味わえない「和」のまろやかさと、コクを感じる一品へ。

DSC_3775.jpg
実際に食べても、味噌の濃厚さはそう主張してない、しかし「コク深さ」を醸していると感じました。

posted by かめ忍者 at 22:03| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

割烹 金田屋の「黒豆の生カステラ」

DSC_3186.jpg
ここは千葉県「割烹 金田屋」ランチを食べに入店しました

DSC_3181.jpg
私は、「いわし膳」

DSC_3179.jpg
パートナーは「海鮮サラダ丼」を食べました

DSC_3185.jpg
会計時、こんなものを目にしてしまいました
ここは「割烹 金田屋」さん?
和菓子屋さんではないんですよね?
「美味しそう!買って帰ろう!^^」

DSC_3231.jpg
黒くて高そうな長方形の箱

千葉県印旛郡栄町安食の割烹料理屋が作る「黒豆の生カステラ」
同店はJALのファーストクラス機内食(千葉編)を監修
「黒豆のカステラ」は機内のデザートに採用されたそうです。
また、
千葉の逸品金賞受賞(2014)
農水省「フード・アクション・ニッポン アワード 2016」入賞。

DSC_3233.jpg
栄町が誇る名産品「どら豆」を使用しているものだそう

DSC_3234.jpg
生カステラの生地は新鮮な卵と牛乳をふんだんに使い、手作業でじっくり混ぜ、このしっとりとした食感を生み出しています


割烹 金田屋
1890年(明治23年)金田屋は料理旅館として創業。利根川添いに位置し、古くは船で江戸から来る成田詣の観光客を迎え、江戸と成田を結んできたそうです。現在、お祝いの席やご会食と地元で愛される店として日々、奮闘中。
地元の食材を大切に、これまでに培った経験や信頼という財産を糧に代々受け継がれた味を守りながらも、時代のニーズに対応した新しい食の形を提案している店です。

千葉県印旛郡栄町安食3692-1
TEL:0476-95-1105

posted by かめ忍者 at 21:41| 栃木 ☔| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

鶴屋吉信の代表銘菓「京観世」

京観世(きょうかんぜ)
村雨と丹波大納言のつぶ餡で作られたロールケーキ状の小倉羹

1511095021351.jpg
外側そぼろ餡、内側はつぶ餡、どちらも甘いのですが上品な味です
至福の時を過ごさせていただいた一品です
「この美味しさは甘未のみぞ知る」

1511095028801.jpg
京観世の由来「観世水」
鶴屋吉信本店からほど近いところに、 能楽・観世流の家元・観世家の鎮守であります 「観世稲荷」が 祀られており、そこに「観世井」という井戸がございます。 ある時この井戸へ天から龍が舞い降りて以来、 水が常に揺れ動いて美しい波紋を描くようになったと伝えられています。 京観世はこの伝説にちなみました。


「株式会社 鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」
享和3年(1803)創業
昭和25年(1950)設立
◆ 本 店 京都府京都市上京区今出川通堀川西入 TEL: 075-441-0105
◇ 販売店 京都市内直営店及び東京支店、三越・島屋・伊勢丹など各百貨店の常設店舗

posted by かめ忍者 at 22:15| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング