2018年01月18日

プチプチッと「イクラ」

山ほどのイクラを、ご飯が見えないほどに乗せて食べるいくら丼なんて、本当に最高

DSC_3907.jpg
イクラ1キロの箱
お正月は恒例のイクラ丼をたらふく食べました^^

DSC_3905.jpg
年末にふるさと納税を申請し、北海道森町のいくら醤油漬お礼品が届きました

DSC_3906.jpg


日本では、鮭やマスの卵を「いくら」と呼び、一粒ずつバラバラにほぐして醤油漬けや塩漬けにした食品が売られています(醤油漬けが主流です)。ただ、「いくら」の語源は、ロシア語の「魚の卵」「小さくつぶつぶしたもの」を意味する「イクラ」という言葉。つまり、もともとは鮭・マスに限らず、いろいろな魚の卵を表す言葉でした。
ちなみに、ロシア語で鮭の卵の「いくら」は、「赤いイクラ(クラースナヤ・イクラー)」と言います。

他に商品になったものとしては、「筋子(すじこ)」があります。これは鮭やマスの未熟な卵を卵巣のまま取り出して塩漬けにした食材で、「すずこ」とも呼ばれています。いくらと違う点は卵がバラバラではなく、筋(スジ)のような卵巣膜によって繋がっている状態であるところ。また、味付けはほとんどが塩蔵(えんぞう/塩漬けと同じです)となります。

いくらを食用としている地域は日本以外にほとんどなく、イクラの製法を伝えたとされるロシアでも、日常食にはなっていないとのこと。ただし、日本食が世界に広がるにつれ、寿司ネタとして食されたり、とくに北米ではスーパーにも置かれるようになっているようです。

産地としては東北地方や新潟県の他、生産量が多く、とくによく知られているのが北海道。各家庭でいくらの醤油漬けがつくられるほど、食材として愛されているそうです。
なお、いくらの旬の季節は、秋鮭と同じ9月〜11月となります。

posted by かめ忍者 at 03:05| 栃木 ☔| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

文殊院(茨城県かすみがうら市)

真言宗 智山派
豊森山 文殊院(もんじゅいん)常玄寺
2017年(平成29年)11月4日参詣
茨城県かすみがうら市下志筑675 鎮座

去年11月のかすみがうら市指定文化財一斉公開時の参拝


万葉歌人が歌に詠んだかすみがうら市志筑に、卯年生まれの文殊菩薩を本尊とする文殊院が建つ
DSC_3497.jpg
山門

DSC_3510.jpg
手水

DSC_3508.jpg
本堂

DSC_3498.jpg

創建は江戸時代だが、本堂南側の境内からは丸瓦と平瓦が一体の桟瓦(江戸以降に普及)以外の瓦が出土している。
瓦は室町時代前期のものと判明し、地区に残る1602年の検地帳に記された「寺屋敷常源寺」の記述から文殊院以前の「常源寺」の存在が浮かび上がった。

鎌倉から戦国時代にかけ、一帯は天台宗を庇護した大掾氏の影響下に置かれたこともあり寺も隆盛を極めたが、氏の没落とともに常源寺は廃寺に。後に寺に入った宥円(ゆうえん)上人によって文殊院が中興開山された。

DSC_3499.jpg
扁額

DSC_3507.jpg
鐘楼

DSC_3509.jpg

DSC_3501.jpg
阿弥陀如来坐像

DSC_3911.jpg
御朱印
庫裡にていただきました

posted by かめ忍者 at 02:35| 栃木 🌁| Comment(0) | 卍茨城の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

最勝寺(茨城県かすみがうら市)

浄土宗
松翁山 瑞雲院 最勝寺(さいしょうじ)
2017年(平成29年)11月4日参詣
茨城県かすみがうら市宍倉787 鎮座

去年11月のかすみがうら市指定文化財一斉公開時の参拝


DSC_3488.jpg
社号標

DSC_3489.jpg
山門

DSC_3490.jpg
鐘楼

DSC_3491.jpg
本堂
本尊の木造阿弥陀如来坐像は、鎌倉時代中期の作。背面に銘があり、1698(元禄10)年、徳川光圀公が寄進したもの。

創建は室町時代後期の永禄年間(1558〜1570年)当時の領主菅谷貞次(宍倉城の城主)が母親の菩提を弔う為、願慶上人を招いて開山したのが始まりと伝えられています。


DSC_3492.jpg
絹本彩色阿弥陀三尊来迎仏(県文化財)
茨大の学生さんが寺院、文化財の説明を丁寧にしてくれました

DSC_3902.jpg
御朱印
文化財公開時でしたので本堂内にていただけました。

posted by かめ忍者 at 09:42| 栃木 ☀| Comment(0) | 卍茨城の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング