2017年09月18日

東京 桜新町のおはぎ専門店 「タケノとおはぎ」

DSC_2962.jpg
東京 桜新町 タケノとおはぎ
息子、次男坊が出掛けて購入しました

元々で人気店なのですが ドラマ「さぼリーマン甘太郎」の放送からさらに火がつき行列の超人気店・・・

1505687223546.jpg
つぶあん、こしあん、さくら、栗とラム酒、ナッツ、麻の実、ココナッツ

ユニークな食材の組み合わせが楽しい

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」


桜新町から用賀方面に向かって徒歩5分。ガラス張りの落ち着いた雰囲気の建物が、おはぎの専門店「タケノとおはぎ」です。

店名の「タケノ」は、店主・小川寛貴さんのおばあちゃんの名前。タケノおばあちゃん直伝のこしあんと粒あんのほか、季節によって変わるおはぎを販売しています。


タケノとおはぎ
東京都 世田谷区桜新町1-21-11 MAP
03-6413-1227
12:00〜18:00(売切次第、終了)
定休日 月、火曜
HP:https://www.facebook.com/1665389700383515/


posted by かめ忍者 at 22:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

倉賀野神社(群馬県高崎市)

倉賀野(くらがの)神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市倉賀野町1263 鎮座

倉賀野町に鎮座、BOØWY氷室京介の地元ですね。参拝によく行かれていたとか
「彼の家は、高崎から1つ目の駅倉賀野にあった。噂話好きの優しい人たちと、静かな風景。そして大きな川と空っ風にふかれる豊かな四季のある街だった。」(大きなビートの木の下でより)
DSC_2602.jpg
社号標

DSC_2601.jpg
鳥居

DSC_2590.jpg
手水舎

DSC_2593.jpg
狛犬

DSC_2592.jpg

DSC_2591.jpg
拝殿

DSC_2600.jpg
拝殿を斜めより撮影

DSC_2603.jpg
拝殿を見上げて見える彫刻は「飯玉縁起」の伝説を物語っています

DSC_2594.jpg
扁額

DSC_2598.jpg
本殿
御祭神
大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)

第十代崇神(すじん)天皇48年、または大同2年(807年)に創始と伝えられ、倉賀野宿と近隣の七ヶ郷の総鎮守です。
旧社名は飯玉宮(いいだまぐう)、大国玉神社と呼ばれる時代を経て、明治43年(1910年)の神社合併により倉賀野神社となりました。



DSC_2597.jpg
説明版
歴史・沿革
第十代崇神天皇の御代、国中に疫病が広まり、帝は倭大国魂神に祈願して災厄を鎮めた。
やがて皇子の豊城入彦命は東国の平定を命ぜられる。そして、出立のとき帝から御愛石を授けられた。
社伝によると、豊城入彦命はこの御愛石を御魂代として祭祀された。この石は倭大国魂神の御分霊と伝わり「ご神体のクニタマさま」として今も御本殿に奉安される。
大同二年(807)坂上田村麻呂公が造営舞楽を奏上。
建長五年(1253)倉賀野三郎高俊(武州児玉党の余流で倉賀野氏の始祖)が社殿を造営。
以後、社殿の建替え、修復が繰り返されてきた。



DSC_2589.jpg
参道、社務所の間に神饌田

DSC_2588.jpg
境内の左脇参道にある鳥居

DSC_2595.jpg
御朱印は社務所にて頂きました
不在だったのでインターホンを鳴らしたら奥から出て来て書いて下さいました。


DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 14:35| 栃木 ☔| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

小祝神社(群馬県高崎市)

小祝神社(おぼりじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市石原町1247 鎮座

DSC_2572.jpg
社号標

DSC_2571.jpg
鳥居

DSC_2570.jpg
手水舎

こちらの神社は、延喜式神名帳に記載された「式内社」になります。
また、上野国七宮になります。

参考に群馬の一の宮以下は
一ノ宮・貫前(ぬきさき)神社
二ノ宮・二宮赤城神社or三夜沢赤城神社
三ノ宮・三宮神社
四ノ宮・甲波宿禰(かわすくね)神社
五ノ宮・若伊香保神社
六ノ宮・榛名神社
七ノ宮・今回来た小祝神社
八ノ宮・火雷神社
九ノ宮・倭文(しどり)神社

DSC_2569.jpg
社号標

DSC_2576.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2577.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2574.jpg
拝殿
神社自体はこじんまりしていて境内は広くはありません。神社の西側の境内の中には石原第一保育園がありました。そんな中文化財に登録されている社殿は彫刻や色鮮やかな絵などなかなか立派でした。

DSC_2578.jpg
扁額

DSC_2580.jpg
本殿
主祭神、少彦名命(スクナヒコナノミコト)

由緒によると、
国史では、「小祝神」の神階が元慶四年(880年)に正五位下から正五位上勳十二等に昇叙された旨の記載が見えるが、創建ははっきりしない。
延長五年(927年)上野十二社第七社に加えられている。
小祝神社は、江戸時代には小祝大明神と呼ばれていた。そして片岡の鎮守として、また安産子育て、医薬の守護神として崇敬篤い社である。ということです。


DSC_2581.jpg
小祝神社案内板

DSC_2575.jpg
絵馬堂

DSC_2573.jpg
社務所で呼鈴をならすと宮司さんのお母さんだと思いますが対応していただき無事御朱印をいただくことが出来ました。(宮司さん不在なのでハンコでした)

DSC_2958-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 02:53| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング