2017年12月02日

大聖寺(茨城県土浦市)再訪、可愛い御朱印

羽黒山 今泉院 大聖寺
2017年(平成29年)9月30日参詣
茨城県土浦市永国203 鎮座

前回は
2017年(平成29年)6月3日参詣
でした。
羽黒権現さま御朱印のイラストは6月だったので「かたつむり」でした

DSC_3210.jpg
寺号標

DSC_3211.jpg
山門

DSC_3212.jpg
茅葺き屋根の四脚門

DSC_3213.jpg
手水舎

DSC_3214.jpg
本堂 大聖殿

一条天皇の御代 995年醍醐寺成尊僧都により「今泉寺」として開山。
1374年、小田城に拠った
この地の豪族小田氏の当主小田孝朝が「小田城四方護寺」を設け大聖寺と改められる。



DSC_3220.jpg
本堂脇のお地蔵様

DSC_3216.jpg
世界平和を祈念して羽黒権現の本地仏 聖観世音菩薩が建立。
台座下に八咫烏に乗った 羽黒権現様が安置されています。

DSC_3218.jpg
八咫烏に乗った「羽黒権現さま」

前回頂いた御朱印は
北関東三十六不動尊 三十一番札所のお不動様
羽黒権現さまの御朱印、6月「かたつむり」
の2種類でしたが、今回は3種

DSC_3780.jpg
神龍

DSC_3782.jpg
お地蔵様 9月「月見団子とススキ」

DSC_3781.jpg
羽黒権現さまの御朱印、9月「ウサギのお月見」

これで大聖寺で頂ける4種類の御朱印を頂けました
強いて言えば、羽黒権現さま、お地蔵様の月々のイラストの違いを楽しめますが^^

posted by かめ忍者 at 22:34| 栃木 ☀| Comment(0) | 卍茨城の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

牛久大仏(茨城県牛久市)

牛久大仏(うしくだいぶつ)
2017年(平成29年)9月30日参詣
茨城県牛久市久野町2083 鎮座

DSC_3189.jpg
牛久大仏は、日本の茨城県牛久市にあるブロンズ製大仏立像。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって、1992年12月に造られた。正式名称は「牛久阿弥陀大佛」。

DSC_3188.jpg
ううう牛久大仏がみえる!!!?!!

DSC_3190.jpg
入場料を払い園内へ、その脇で御朱印を頂けます

DSC_3196.jpg
園内地図

DSC_3197.jpg
手水舎

DSC_3193.jpg

DSC_3204.jpg
牛久大仏!デカい!自由の女神像の3倍の高さ!ギネス認定済み!一見の価値あり!

DSC_3207.jpg
成田空港が近いこともあり空には旅客機が飛び交う

DSC_3206.jpg
台座

なぜこのような大きな大仏を作ったのでしょうか?
浄土真宗東本願寺派本山東本願寺が事業主体。この浄土真宗の開祖が、親鸞聖人(1173年〜1262年)です。親鸞は後鳥羽上皇の怒りを買い、1207年に越後国に流罪に処せられます。その4年後に赦免された後、常陸国(現在の茨城県)に入り、関東における布教の拠点としたのです。県内には親鸞ゆかりの寺や事跡が多く残っており、この牛久の地もそのひとつなのです。


牛久大仏がある浄土庭園は仏教・浄土真宗の宗教施設ではありますが、宗教問わず楽しめます。園内にはリスやウサギと触れ合える小動物公園、約2万平方メートルのお花畑、仲見世、食事処などがあり、大仏見物の後もゆっくりできます。

DSC_3779.jpg
御朱印
今回、胎内拝観は見送りました



posted by かめ忍者 at 23:03| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍茨城の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

割烹 金田屋の「黒豆の生カステラ」

DSC_3186.jpg
ここは千葉県「割烹 金田屋」ランチを食べに入店しました

DSC_3181.jpg
私は、「いわし膳」

DSC_3179.jpg
パートナーは「海鮮サラダ丼」を食べました

DSC_3185.jpg
会計時、こんなものを目にしてしまいました
ここは「割烹 金田屋」さん?
和菓子屋さんではないんですよね?
「美味しそう!買って帰ろう!^^」

DSC_3231.jpg
黒くて高そうな長方形の箱

千葉県印旛郡栄町安食の割烹料理屋が作る「黒豆の生カステラ」
同店はJALのファーストクラス機内食(千葉編)を監修
「黒豆のカステラ」は機内のデザートに採用されたそうです。
また、
千葉の逸品金賞受賞(2014)
農水省「フード・アクション・ニッポン アワード 2016」入賞。

DSC_3233.jpg
栄町が誇る名産品「どら豆」を使用しているものだそう

DSC_3234.jpg
生カステラの生地は新鮮な卵と牛乳をふんだんに使い、手作業でじっくり混ぜ、このしっとりとした食感を生み出しています


割烹 金田屋
1890年(明治23年)金田屋は料理旅館として創業。利根川添いに位置し、古くは船で江戸から来る成田詣の観光客を迎え、江戸と成田を結んできたそうです。現在、お祝いの席やご会食と地元で愛される店として日々、奮闘中。
地元の食材を大切に、これまでに培った経験や信頼という財産を糧に代々受け継がれた味を守りながらも、時代のニーズに対応した新しい食の形を提案している店です。

千葉県印旛郡栄町安食3692-1
TEL:0476-95-1105

posted by かめ忍者 at 21:41| 栃木 ☔| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング