2017年10月01日

鷲神社(茨城県那珂市)

鷲(わし)神社
2017年(平成29年)7月30日参詣
茨城県那珂市鴻巣182 鎮座

鴻巣西部字鷲宮の森に囲まれて素朴でかつ閑静
DSC_2684.jpg
社号標

DSC_2683.jpg
鳥居

DSC_2685.jpg
手水舎

DSC_2690.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2691.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2686.jpg
拝殿

DSC_2692.jpg
扁額

DSC_2693.jpg
拝殿の右側に掛かっていた扁額

DSC_2694.jpg
本殿
御祭神は「天日鷲命(あめのひわしのみこと)」

縁起では大同2年 (平城天皇807年)4月18日の創建。
此の地に樹高 90丈(約30m)の松の大樹があり、毎年一大鉅鳥が西南より口に白幣を含んで飛来した。里人はこれを異とし、 神人に垂示を乞うと武州日鷲の神だといい、しかも三度 占ったが同じなのでこれを奉斎したと言う。



DSC_2695.jpg
社殿右側からの入口の鳥居
正面鳥居、拝殿同様の珍しい結び方の注連縄

祈年祭(2月27日) 八丁注連と呼ばれ 大字の境に注連縄と御幣を立て一切の災 を祓い五穀豊穣を祈願する

DSC_2688.jpg
御朱印は、神社のすぐそばにある宮司さん自宅兼社務所でにて拝受
事前に電話連絡しないと不在が多いと言う事です。

DSC_3222-1.jpg
御朱印(初穂料¥300)

posted by かめ忍者 at 09:42| 栃木 ☀| Comment(0) | ⛩茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

天竜浜名湖鉄道「オリジナル御朱印帳」

静岡県浜松市にある天竜浜名湖鉄道では、同社の主力車両である「TH2100形」を表紙にデザインしたオリジナル御朱印帳が販売されています。

170811_tenhama_goshuinn.jpg
写真:天竜浜名湖鉄道WEBサイトより

販売額 ¥1600(税込)
初回限定100冊
縦16センチ、横10センチの小型版で、22ページ
お買い求めはお近くの有人駅(掛川.遠州森・天竜二俣・西鹿島・金指・三ヶ日・新所原)にて
問い合わせ
天竜浜名湖鉄道株式会社
営業課 TEL053-925-2276

平成29年8月11日(金)から発売されていましたが、大好評で9月2日(土)以降追加販売されました!

top_main01_sp.jpg
2016年12月から、沿線26寺社を紹介するガイドブック「天浜線 御朱印めぐり心の旅」を配布している。利用客からオリジナルの御朱印帳を求める声があり、作成を決めたそうです。

IP170809TAN000051000_2.jpg
大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映で沿線を訪れる観光客が増えている。
同社の担当者は「“ポスト直虎”を考え、リピーターを増やしたい」と談

posted by かめ忍者 at 09:39| 栃木 🌁| Comment(0) | 御朱印帳・冊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

天狗の御朱印で有名な古峯神社(栃木県鹿沼市)3度目の参拝

古峯神社(ふるみねじんじゃ)
2017年(平成29年)7月24日参詣
栃木県鹿沼市草久3027 鎮座

DSC_2681.jpg
まだ20q以上ある場所に早くも「古峯神社参道」という石碑

DSC_2679.jpg
神社まで約6qの場所にある「一の大鳥居」です。高さ約25m、幅約34mの巨大さ

DSC_2677.jpg
一の鳥居の石碑

DSC_2647.jpg
古峯神社に到着しての最初の鳥居

DSC_2648.jpg

DSC_2650.jpg
社号標と鳥居

DSC_2651.jpg
手水舎

DSC_2676.jpg
境内には天狗の奉納碑

DSC_2652.jpg
立派な鳥居が沢山

DSC_2653.jpg
社殿へ登る階段の鳥居

DSC_2654.jpg

DSC_2655.jpg
堂々たる茅葺屋根の拝殿

DSC_2661.jpg
扁額

DSC_2656.jpg
社殿内への入口

DSC_2669.jpg
入ると大きな廊下、拝殿、授与所に加えて宿坊にもつながります

DSC_2668.jpg
休憩出来る畳敷きの部屋
無料のお茶の他に自販機も完備

DSC_2660.jpg

DSC_2666.jpg
拝殿内

DSC_2670.jpg
拝殿脇の授与所

DSC_2657.jpg
授受できる御朱印
どのタイプの天狗になるかは当日の書き手の出社状況によりますが、逆に言うと「今日頂けるのはどの御朱印ですか?」と聞くことはできます。

DSC_2665.jpg
拝殿を過ぎ廊下の奥に御朱印を受ける授与所

DSC_2663.jpg
本殿
当日工事をしていて門が開いていたので拝見できました

由緒は、
1300余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。
その後、古峯ヶ原は、日光を開かれた勝道上人という僧侶の修行の場となり、上人は古峯の大神の御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、天応2年(西暦782年)日光の男体山に初めて登頂し大日光開山の偉業を成しとげられました。

この縁起にもとづき、日光全山26院80坊の僧坊達は、勝道上人の修行にあやかって、年々古峯ヶ原(古峯神社を中心)に登山、深山巴の宿で祈願を込め修行する慣わしとなり、
その修行は明治維新に至るまで、千余年の永きに亘って行なわれました。
古峯神社はこのような古峯大神のご利益の顕著を以って全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰などに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。
明治初年には太政官布告により、神仏分離が行なわれ、仏具一切を取り除き、純然たる古峯神社となり、現在にいたっております。
(古峯神社HPより引用)


DSC_2682-1.jpg
御朱印(初穂料 500円)


古峯神社の過去の参拝記事
初回 古峯神社 2014年11月12日参拝
を紹介しました。
そして
再訪時の古峯神社 2015年8月14日参拝
も紹介

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 🌁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング