2017年11月28日

宗吾霊堂(千葉県成田市)

鳴鐘山 東勝寺
2017年(平成29年)9月30日参詣
千葉県成田市宗吾1−558 鎮座

「東勝寺」は真言宗豊山派の寺院で、正式名称は鳴鐘山東勝寺、ご本尊は「大日如来」です。
この東勝寺は「宗吾霊堂」と呼ばれることが多いようです。
DSC_3156.jpg
鳥居になるのでしょうか?

DSC_3155.jpg
手水舎


sakurasougo.jpg
佐倉宗吾は慶長十年(1605年)生まれと伝えられています。
公津村の名主であった木内惣五郎は、厳しい年貢に苦しむ農民を救うべく佐倉藩主に直訴しましたが聞き入れられず、止むなく時の四代将軍家綱が上野寛永寺に参詣した折に直訴しました。
その訴えは聞き入れられましたが、直訴という大罪を犯した惣五郎は死罪となり、承応二年(1653年)公津ヶ原の刑場で子供とともに処刑されました。
ただ、事の経緯についてはあまり資料が残っていないため、詳しいことは分かりません。
宝暦二年(1752年)の百回忌に藩主・堀田正亮より「宗吾道閑居士」の法号を与えられ、以後「佐倉宗吾」と呼ばれるようになりました。
江戸時代中期になってこの話が芝居になって上演されると、「義民・佐倉宗吾」の名は一気に有名になりました。

DSC_3154.jpg
立派な宗吾親子のお墓
宗吾とともに処刑された4人の子供が合葬されています。
宗吾は1653年将軍への直訴の罪により公津ヶ原刑場で磔刑、4人の子供も打首の惨刑に処せられました。

DSC_3153.jpg
大山門

DSC_3151.jpg
「宗吾霊堂」は義民・佐倉宗吾(木内惣五郎)を祀るお堂で、
宗吾の霊像をご本尊としています。
明治8年に再建されたお堂が焼失した後、現在のお堂は大正2年に再建されました。

DSC_3148.jpg
扁額

平安時代に坂上田村麻呂が東国を平定した際、戦死者の供養のためのお堂を建てたのが始まりと言われ、“東国に勝利した”という意味で「東勝寺」となりました。

『中興第1世澄祐が1662(寛文2)年から境内の整備を行い、1668年までに本堂などの諸堂伽藍を建立した。
1767(明治14)年に大和国の長谷寺と京都の智積院から、常法談所の寺格を与えられている。
談所(檀林)とは法談を催すことができる有力寺院のことであるそうです。

大正10年に「宗吾供養堂」を再建することになった時、この地に東勝寺も移転してきました。



DSC_3152.jpg
鐘楼
「全国百鐘」の一つに数えられています。

DSC_3150.jpg
寺務所にて御朱印を頂ました

DSC_3671.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 20:20| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍千葉の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ご利益さんぽin 「足利の文化財一斉公開2017」(栃木県)

「足利の文化財一斉公開2017」の期間は
2017年11月25日(土)・26日(日)で初日に行って参りました
普段は見られない足利市内の66ヵ所の文化財が一般公開で1日では到底全部観れません^^;
DSC_3730.jpg

DSC_3713.jpg
足利尊氏の銅像

公開場所の一部を写真にて
DSC_3710.jpg
鑁阿寺

DSC_3742.jpg

DSC_3709.jpg
鑁阿寺の大銀杏が素晴らしく黄色に色づいてました

DSC_3728.jpg
足利学校
文化財一斉公開中は無料公開

DSC_3735.jpg

DSC_3725.jpg

DSC_3691.jpg
西宮長林寺

DSC_3673.jpg
樺崎八幡宮

DSC_3683.jpg
樺崎八幡宮本殿
本殿下の「足利義兼」入定の場所を合掌しながら見る事が出来ました。

DSC_3760.jpg
日光鹿島神社の天井板絵

各所に小中学生、引率者、人生の先輩方々がおられ良く説明してくださいました
この場を借りて再度お礼を申し上げます

DSC_3738.jpg
お昼は「麦とろ 丸銀本店」にて
足利学校の入口にあって大麦味噌が有名で、店頭で味噌汁の試飲ができます。

DSC_3739.jpg
名人そばを頂きました


posted by かめ忍者 at 00:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

坂東三十三観音28番札所 滑河山 龍正寺(千葉県成田市)

滑河山 龍正院(りゅうしょういん)
2017年(平成29年)9月29日参詣
千葉県成田市滑川1196 鎮座

DSC_3076.jpg
寺号標

DSC_3077.jpg
仁王門

DSC_3079.jpg
手水舎

DSC_3078.jpg
本堂

DSC_3089.jpg

DSC_3080.jpg
扁額

DSC_3081.jpg
扁額「観世音」

寺伝によれば、承和5年(838年)、当地の領主小田宰相将治の発願により、慈覚大師(円仁。第3代天台座主)を開基として創建されたとする。
天台宗の寺院で、本尊は一寸二分(約3.6cm)の十一面観世音菩薩。この本尊は、後に定朝作の一丈二尺(約3.6m)の観音像の胎内に納められて通称「滑河観音」と呼ばれています。
ところが、当寺の本堂裏から、白鳳時代の様式の、所謂「山田寺式」と呼ばれる瓦が出土した。ここは瓦を焼く窯跡とされた(「龍正院瓦窯跡」)が、瓦窯を自ら持つ「龍正院廃寺」という古代寺院跡とする資料もある。とすれば、出土した瓦の様式から、7世紀第4/四半期頃に遡る古代寺院の後身かもしれないという。
なお、永正13年(1516年)鋳造の鰐口に「下総州行河山勝福寺」とあるので、「勝福寺」と称していた時期もあるらしい。

DSC_3084.jpg
境内から寺務所への門

DSC_3085.jpg
納経所にて御朱印を頂ました
しもふさ七福神の毘沙門天の御朱印もありますが、ご縁がれば次回

DSC_3670.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 08:28| 栃木 ☀| Comment(0) | 卍千葉の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング