2018年01月22日

レトロ駅舎(茨城県 折本駅)

茨城県筑西市の郊外にある折本駅
駅前には民家が建ち並び、駅の裏手には広大な田畑が広がっています。
1514880360158.jpg
待合室

line_1514876064746.jpg
駅舎外観
国鉄時代の木造駅舎が残っていますが、屋根などかなりヘタっている様子なので、いつまでこの古い駅舎が残されるか分らない。

DSC_3873.jpg
駅構内

line_1514876190743.jpg

line_1514876260626.jpg
折本駅(真岡鐵道真岡線)
●開業:明治45年4月1日
●所在地:茨城県筑西市折本322−4
●無人駅
撮影日:2018年1月2日

posted by かめ忍者 at 22:17| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

新治神社(茨城県かすみがうら市)

新治神社(にいはりじんじゃ)
2017年(平成29年)11月4日参詣
茨城県かすみがうら市新治584 鎮座

延喜式常陸国茨城郡小社(夷針神社論社)
DSC_3513.jpg
鳥居

DSC_3514.jpg
新治神社由緒碑

DSC_3516.jpg
手水場

DSC_3515.jpg
拝殿

DSC_3517.jpg
扁額

DSC_3518.jpg
本殿覆屋

DSC_3520.jpg
本殿

創立年代は不詳だという。
「新治(にいはり)」は、かつて「荒張(あらはり)」と呼ばれていたそうだ。で、この辺りが昔「夷針」と呼ばれていたという説があるらしい。


DSC_3914.jpg
御朱印は本務社である胎安神社でいただけました。

posted by かめ忍者 at 11:40| 栃木 🌁| Comment(0) | 茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

プチプチッと「イクラ」

山ほどのイクラを、ご飯が見えないほどに乗せて食べるいくら丼なんて、本当に最高

DSC_3907.jpg
イクラ1キロの箱
お正月は恒例のイクラ丼をたらふく食べました^^

DSC_3905.jpg
年末にふるさと納税を申請し、北海道森町のいくら醤油漬お礼品が届きました

DSC_3906.jpg


日本では、鮭やマスの卵を「いくら」と呼び、一粒ずつバラバラにほぐして醤油漬けや塩漬けにした食品が売られています(醤油漬けが主流です)。ただ、「いくら」の語源は、ロシア語の「魚の卵」「小さくつぶつぶしたもの」を意味する「イクラ」という言葉。つまり、もともとは鮭・マスに限らず、いろいろな魚の卵を表す言葉でした。
ちなみに、ロシア語で鮭の卵の「いくら」は、「赤いイクラ(クラースナヤ・イクラー)」と言います。

他に商品になったものとしては、「筋子(すじこ)」があります。これは鮭やマスの未熟な卵を卵巣のまま取り出して塩漬けにした食材で、「すずこ」とも呼ばれています。いくらと違う点は卵がバラバラではなく、筋(スジ)のような卵巣膜によって繋がっている状態であるところ。また、味付けはほとんどが塩蔵(えんぞう/塩漬けと同じです)となります。

いくらを食用としている地域は日本以外にほとんどなく、イクラの製法を伝えたとされるロシアでも、日常食にはなっていないとのこと。ただし、日本食が世界に広がるにつれ、寿司ネタとして食されたり、とくに北米ではスーパーにも置かれるようになっているようです。

産地としては東北地方や新潟県の他、生産量が多く、とくによく知られているのが北海道。各家庭でいくらの醤油漬けがつくられるほど、食材として愛されているそうです。
なお、いくらの旬の季節は、秋鮭と同じ9月〜11月となります。

posted by かめ忍者 at 03:05| 栃木 ☔| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング